週末 アートな一日

今日は朝早くから工房に出かけ、新作のタタラ作りを行いました。タタラと言えども座布団くらいの大きさで、手で叩いて伸ばすので結構体力を使います。5枚作ったところで、残りの時間は東京の美術館巡りをしようと思い立ちました。今日は一人で出かけるので3館ほど回れるのではないかと考えました。家内と出かけると駆け足のように美術館を回るのは勘弁して欲しいと言われるのです。今日は気楽に自分のペースで行きました。まず上野の国立博物館平成館で今日まで開催している「写楽展」。最終日なので混雑していたことは予想通り。写楽の役者絵をよく集めたもので、こんなにあるとは思いもよらず、かなり堪能出来ました。詳細は次回。次に両国の江戸東京博物館で開催している「五百羅漢展」。一人の絵師がよくぞ描いたと思えるほど細密で卓越した具象表現。しかも質・量ともに圧倒され、眼が釘付けになりました。これも詳細は次回。最後に竹橋の国立近代美術館で開催している「パウル・クレー展」。以前静岡で大規模な展覧会がありましたが、ここ近代美術館ではユニークな角度で設置された壁に、テーマごとに掛けられたクレーの作品群が鑑賞者の導線に合わせて展開していく演出がありました。この詳細も次回にまわします。夜はNHK教育「日曜美術館」で彫刻家保田春彦先生が取り上げられていたのを発見してテレビを見ていました。まさに今日はアートな時間を過ごした一日だと感じました。

関連する投稿

  • 連休③ 千葉県佐倉から神奈川県平塚へ 連休3日目の今日は工房での作業を休んで、朝から家内と車で地方の美術館巡りをしてきました。地方といっても日帰りのため首都圏の範囲です。まず首都高速から東関東自動車道に乗り、千葉県佐倉にあるDIC川村記 […]
  • 川崎の「イサム・ノグチと岡本太郎」展 先日、神奈川県川崎の生田緑地にある岡本太郎美術館に行きました。同館で開催中の「イサム・ノグチと岡本太郎ー越境者たちの日本」展が見たくて、久しぶりに木々に囲まれた岡本太郎美術館まで足を伸ばしたのでした […]
  • 横浜の「イサム・ノグチと長谷川三郎」展 昨日、会議の合間を縫って、横浜の桜木町にある横浜美術館で開催中の「イサム・ノグチと長谷川三郎」展を見てきました。本展は「変わるものと変わらざるもの」という副題がついていて、日本古来の伝統文化とモダン […]
  • ジャコメッティに思うこと 先日、東京六本木の国立新美術館で開催されている「ジャコメッティ展」に行ってきて、その様子をNOTE(ブログ)に書きましたが、彫刻家・画家ジャコメッティの作品を観ると、私には語り尽くせないような思いが […]
  • 平塚の「神山明・濱田樹里展」 先日、平塚市美術館で開催している「神山明・濱田樹里展」を見てきました。前のNOTE(ブログ)に書きましたが、既に逝去された彫刻家神山明の杉材を使った作品に、私は言いしれぬ思い入れを抱いています。木材 […]

Comments are closed.