樹海を歩いて感じたこと

昨日から山梨県に2泊3日の県外出張にきています。今日は樹海の中を歩き、観光化されていない洞窟に入りました。富士山の噴火によって流れ出した溶岩の上に僅かな土が積もって生まれた樹海。鬱蒼とした木々の間を歩いていると雄大な自然の懐に抱かれた気分になります。巨木が大地に幾重にも張り巡らせた根が美しく、迷路のような景観を描いています。節くれだった部分とスラリと伸びた部分のバランスに絶妙な美を感じます。巨木に巻きついた蔓にも美しさを感じます。共生と繁殖による占有。命を全うして倒れた巨木が土化して、そこに新しい芽が育つ場面はさらに美しい景観です。人為的な造形は何ともちっぽけなものなんだろうと感じた一日でした。

関連する投稿

  • 週末 土練り&美術館鑑賞 新型コロナウイルス感染症の影響で緊急事態宣言が出されている中、東京の博物館や美術館に行っていいものかどうか、数日前まで迷っていましたが、展覧会の開催期間終了が迫っていることもあって、インターネットや […]
  • 難解な書籍を読み取る力 読書が好きな私が初めて手に負えない難解な書籍と出会ったのは、中学生の頃に読んだカフカの「変身」でした。それまで創元推理文庫やハヤカワ・ミステリーを読み漁っていた自分は、カフカの不思議な世界観に居心地 […]
  • 週末 美大の卒業制作展へ 今日も昨日に続いて展覧会に行きました。今日は工房に出入りしている美大受験生と一緒に東京都八王子市にある多摩美術大学の卒業制作展に車で出かけました。首都圏にある美術系大学の卒業制作展は3月に集中してい […]
  • コロナ禍の関西出張 私の職場では1年間に一度関西方面に泊を伴った出張があります。同じ職種の方がこれを読んでいることもあり、関西方面の出張が何を意味しているのか見当がついていると思います。例年、夏季休暇前に実施していて、 […]
  • 週末 陶彫制作&シュトレン受け取り 12月に入って最初の週末です。朝から工房に篭って陶彫制作三昧でした。小さな陶彫成形をひとつ作り、その他の時間は彫り込み加飾をやっていました。窯から2点の陶彫部品を出しました。あれこれやっているうちに […]

Comments are closed.