週末 悠々制作日

昨日が出勤日だったので、今日は待ちに待った制作三昧の一日でした。美大生たちもやってきて、工房では密度の濃い時間が流れました。今日は新作屏風の板材を加工する作業をしました。新作屏風では「断層」のイメージが付き纏っていて、イメージどおりになっていけば、「断層」というタイトルにしようかと思っています。畳サイズの直方体の中に凹む空間を作っていて、陶彫による突起が現れるようにしたいと考えています。全体の工程のうち現在は100分の5パーセントしか出来ていない現状で、まだ何がなにやらわからないのですが、イメージを探りながら作るこの時期が楽しいと言えば楽しいのかもしれません。午前中は天気が良く工房内は暑くなってきましたが、午後から雲が立ち込め天気予報通り雨が降ってきました。傘のない美大生たちを家まで車で送り届けて今日の作業を終えました。

関連する投稿

  • 週末 新作へ向けて 今日の午前中は7月個展に出す作品の梱包を行い、午後になって来年の新作に向けて歩き出しました。新作は木彫レリーフによる三双屏風で、陶彫部品を埋め込むのは「発掘~混在~」と同じですが、木彫部分がかなり異 […]
  • 8月 制作目標を考える 8月1日になりました。今日は生活習慣病検診があって、職免をいただいて午前中は病院に行きました。胃の検診でバリウムを飲むので、午後は職場に行かず、今日も昨日と同じ夏季休暇の半日分を取りました。自分はバ […]
  • 週末 内なる空間に向かって 今日も工房で新作屏風の制作です。屏風は直方体6個を三双として構成するものです。今日はまず1つ目の直方体に取り掛かりました。直方体の内部構造をイメージしながら木材で作り始めました。いわゆるボックスアー […]
  • 次なるイメージへ… 今日は工房で制作三昧の一日でした。次なるイメージに向かって木材の購入に出かけました。昨日益子や笠間に行って数々の陶芸作品を見ているうちに、イメージが固まりました。来年夏の発表を目指して現在制作を開始 […]
  • 造形への渇望 週末が近づいてくると、たまらなく彫刻を作りたくなります。木の彫り跡や陶土の肌合いが大好きです。時間があれば、石膏で雛型を作りたいところですが、今はいきなり実寸で作っています。週末は本当に短く感じます […]

Comments are closed.