美的価値の転換

今まで稚拙と思われた表現が説得力のある評論により、ある日突如として生命力の溢れる豊かな表現と認識されることは、現在までの美術史を見ると起こりうる事件です。幾世紀にも亘って民衆に支持されてきた美的価値が転換期を迎える時は、その反発たるや筆舌に尽くし難いものがあります。印象派が登場した時代や頽廃芸術と烙印を押された表現主義、また破壊と創造を繰り返してきた20世紀の美術界を見ると、現在まで美的価値の転換が次々に起こってきています。何が新しい表現なのか、何が前衛と呼ばれるものなのか現在では見えにくくなっているようにも思えます。映像、建築、環境等の大掛かりな表現が現在の国際的な規模の展覧会を賑わせているようですが、全体の価値を揺るがすような事件には至っていないようにも思えます。ファッション化する文化は、その表面性や虚飾で新しい価値基準を持とうとしているかのようにも思えます。芸術運動というモノはもう旧世代のモノなのでしょうか。自分も工房に籠もって美術情報とは一線を引きながら自分の世界に没頭していますが、こうした個々の引篭もりがいろいろな意味で現代を象徴しているのかもしれません。

関連する投稿

  • 週末 土台作り&美術館散策 週末になりました。新型コロナウイルス感染症で緊急事態宣言が出ているにも関わらず、気持ちのモチベーションを保ちたくて、今日は地元にある横浜美術館へ出かけてしまいました。早朝は工房に行き、新作の土台作り […]
  • 初心を忘れないために… 創作活動にしろ、公務員の仕事にしろ、それを始めた頃の自分はどうだったのか、初心を忘れないようにしたいと日頃から私は考えるようにしています。とりわけ創作活動において慣れは禁物です。造形美術の場合は技法 […]
  • 週末 地域行事参加&陶彫制作 職場のある地域と、私の職場は密接な関係にあり、昨年まではあらゆる地域行事に私は職場を代表して参加しておりました。今年はコロナ渦の影響で地域行事がなくなっていましたが、小学校のグランドを借りて行なうス […]
  • 週末 母の通院付添い&映画鑑賞 やっと週末になりました。この1週間は来年度に向けての取り組みが始まり、私は来年度の職場運営の構想を練りつつ全職員と面接を行いました。少しずつ疲労が溜まってきていたので、今日は週末の有難味を感じます。 […]
  • 夏季休暇⑤ 5日間の休暇を振り返る 今日はどこかへ出かけることはしないで、今年の夏季休暇を振り返る一日にしました。7月末に2日間の夏季休暇を取りました。ここでは新潟県魚沼市を訪れて、江戸時代の彫工石川雲蝶のダイナミックな木彫に触れまし […]

Comments are closed.