原始の不思議 ラム

「ピカソはラムのなかに、自分とは正反対の道をたどりおおせた人間にのみ望むことのできる、唯一の確証を見いだしたのであろう。すなわち、みずからにそなわっている原始の不思議から出発して、意識の最高の地点にまで到達し、そのためにはヨーロッパ芸術のもっとも精妙な分野までもわがものにした人間。その意識の地点はまた、ピカソという芸術家との出会いの地点であり、後者は後者で、まずそれらの分野をもっとも自在に支配するところから出発し、だが一方、原始の不思議とむすびつきうる諸原理にたえず立ちもどることの必要を提示してきたのである。~略~」(A・ブルトン著「シュルレアリスムと絵画」人文書院)シュルレアリスムの画家ヴィフレド・ラムは、スペイン人の母と中国人の父をもち、キューバで生まれています。地元の横浜美術館のコレクションにラムの絵があって、自分は美術館を訪れる度に作品を見ていますが、もっと前にまとまった作品群を見ている記憶があるのです。いつごろでどこであったか忘れていますが、ラムが特異な環境で育った画家であることを自分は前から知っていて、その呪術的で土俗的な画風は印象に残っています。ピカソに見いだされ、ブルトンに賞賛された画家ラム。ヨーロッパ圏以外の環境から、原始の不思議を纏った芸術家が現れたのは、芸術に革新をもたらせた時代にあっては当然の成り行きだったのかもしれません。

関連する投稿

  • 「見えないものを見る カンディンスキー論」読後感 「見えないものを見る カンディンスキー論」(ミシェル・アンリ著 青木研二訳 […]
  • 2017年HP&NOTE総括 2017年の大晦日を迎えました。毎年恒例になっている総括を行います。まず彫刻では7月に12回目の個展をギャラリーせいほうで開催させていただきました。大きな作品では「発掘~宙景~」と「発掘~座景~」を […]
  • 「モディリアーニ」第3章のまとめ 「モディリアーニ 夢を守りつづけたボヘミアン」(ジューン・ローズ著 宮下規久朗・橋本啓子訳 […]
  • アンフォルメルとヴォルスの関係 先日、DIC川村記念美術館で開催されていた「ヴォルス展」に行き、ヴォルスが生きた時代に興った美術の潮流に思いを馳せる機会を持ちました。それはアンフォルメルという一連の動きで、仏語で非定型な芸術という […]
  • ドイツ表現派に纏わる雑感 現在、通勤中に読んでいる「触れ合う造形」(佃堅輔著 西田書店)と、職場に持ち込んで休憩中に読んでいる「見えないものを見る カンディンスキー論」(ミシェル・アンリ著 青木研二訳 […]

Comments are closed.