3月の終わりに…

まさに年度末を迎えました。私は異動なし。現在の大きな職場で継続して働くことになりました。3年目になります。自分の親しくしている管理職仲間は皆んな異動が決まり、書類の整理に追われているというのに、自分だけが残された感じです。職場では異動が決まった職員の机上からすっかりモノがなくなり、ガランとした空間になっています。週の途中ですが、明日から新しく始まる年度に変わり、新しく赴任してくる職員がやってきます。22年度を振り返ると、職場は安泰と言えるものではなく、常に危機管理と隣り合わせの状況が続きました。気が休まらない日々も、過ぎてしまえば何とか乗り越えてこれるものと楽観視できます。それは有能なスタッフあっての話です。明日迎える新しいスタッフが、大いに自分の持てるものを発揮できる職場環境にしたいものです。

関連する投稿

  • 週末 母の一周忌&窯入れ準備 週末になりました。今日は新作の制作ノルマがありましたが、昨年4月に亡くなった母の一周忌に当たるので、菩提寺に出かけて、お経をあげていただきました。その後で墓参りもして新しい卒塔婆を立てました。祖母の […]
  • 春分の日 墓参り&陶彫制作 今日は週末でもありますが、春分の日です。春分の日はそれぞれの仏教宗派で「春季彼岸会」が行われ、墓参りをする人も多いようです。夏にあるお盆は先祖の霊がこの世に戻ってくるのに対し、お彼岸はこの世から浄土 […]
  • 退職前に歯科治療 私は何年かに一度は歯科治療に行っています。NOTE(ブログ)に書いているので、アーカイブを調べれば分かります。歯磨きが上手くないのか、歯そのものが丈夫でないのか、よく分かりませんが、親の代から同じ歯 […]
  • 週末 2月を振り返って… 今日で2月が終わります。週末で朝から工房に籠りましたが、今日の制作状況と併せて今月を振り返ってみたいと思います。今日は陶彫成形を1点、彫り込み加飾も行いました。晴天で梅の花が青空に映える一日でしたが […]
  • 最後の儀礼的イベント 今月末で現職を退く私は、職場関係のことでは何でもかんでも「最後の~」という冠がつきます。同業者が私のNOTE(ブログ)を読んでいるので、儀礼的イベントが何を指しているのか分かっている方もいらっしゃい […]

Comments are closed.