「シュルレアリスム展」雑感

先日出かけた国立新美術館の「シュルレアリスム展」。開館の10時には多くの若者がいて驚きましたが、五美術大学卒業制作展を別の会場でやっていたので、この混雑が納得できました。それでも「シュルレアリスム展」にも大勢の人が見に来ていて、美的価値観の発展変遷を示すこうした展覧会が人々に受け入れられていることを嬉しく思いました。でもシュルレアリスムをA・ブルトンが提唱したのが1920年代。もう一世紀も経とうという現在では、シュルレアリスムは古典の部類に入るのかもしれません。現代ではコンピュータによるデジタル画像が氾濫し、シュルレアリスム的世界は日常の中に入り込んでいると言っても差し支えありません。この広範囲で長年続いたシュルレアリスムという活動は、その影響力を見ても計り知れないものを感じます。展示会場に並んでいる絵画やオブジェは、もう新しい価値を認知されているものばかりで、今となっては斬新さはありませんが、それでも名作は名作なりの説得力と表現力をもっていると感じました。注目した何点かの絵画やオブジェや映像がありました。それはまた機会を改めます。

関連する投稿

  • RECORD、NOTE、そして睡魔 仕事から帰って夕食を済ませると、私は食卓でRECRDの制作に励みます。RECORDは一日1点ずつ作り上げていく平面作品で、大きさは葉書大です。文字通りRECORD(記録)で、その日その日の作品が出来 […]
  • 横浜の「バンクシー展」 横浜駅に隣接するアソビルで開催されているバンクシーの全貌を示す展覧会は「バンクシー展 […]
  • 「サーカス・シリーズ」について 先日、師匠である彫刻家池田宗弘先生の真鍮直付けの作品を久しぶりに見せていただきました。東京の東村山市立中央公民館で開催していた「池田宗弘展」は、初期の頃から最近までの作品を網羅してあって、私には先生 […]
  • 汐留の「和巧絶佳」展 東京新橋にあるパナソニック汐留美術館で開催されている「和巧絶佳」展に行ってきました。「和巧絶佳」とは何か、図録から引用すると「日本の伝統文化の価値を問い直す『和』の美、手わざの極致に挑む『巧』の美、 […]
  • 虎ノ門の「近代日本画の華」展 東京港区虎ノ門にある大倉集古館へこの歳になって初めて足を踏み入れました。若い頃から美術館巡りをしているにも関わらず、大倉集古館には行かなかったのが不思議なくらいです。調べてみると大倉集古館は日本で最 […]

Comments are closed.