3つの美術館と4つの展覧会

久しぶりに美術展三昧の日でした。付き合うなら一日に行く美術展はせいぜい3つまでと家内に言われているのですが、今日家内が胡弓の演奏に出かけたので、知り合いの美大生に声をかけました。そこで今日は美大生と3つの美術館と4つの展覧会を駆け巡ることになりました。まず、東京の世田谷美術館で開催中の「佐藤忠良展」。具象彫刻の重鎮で99歳の現存作家です。次に同館で開催中の「保田春彦展」。かつて鎌倉の美術館でやっていたクロッキーによる展覧会が世田谷にきていたのですが、もう一度見たいと思っていたのです。場所を東京から鎌倉に移して、神奈川県立近代美術館で今日から開催している「辻晋堂展」。学芸員によるギャラリートークを聞くことができてラッキーでした。次に同館の鎌倉別館で開催中の「山下菊二 コラージュ展」。これが唯一の絵画作品による展覧会でした。今回の展覧会は、自分の彫刻制作の振り返りを目的として巡ってきた感があります。彫刻科でもないのに、よくまぁ美大生が付き合ってくれたものです。それぞれの展覧会の感想は機会を改めますが、いずれも質量ともに高く、緊張感が漲った内容で自分の脳裏にしっかり印象を焼き付けた一日となりました。

関連する投稿

  • 夏季休暇 美術館巡り 今日と明日の2日間夏季休暇を取っています。先週の2日間の夏季休暇は菩提寺の墓参りと長野県麻績にいる彫刻家池田宗弘先生宅にお邪魔して2日間を過ごしました。今回の夏季休暇の予定では、今日は都心の美術館巡 […]
  • 辻晋堂の彫刻 八木一夫のオブジェ焼に関する書物を読むと、そこにちょいちょい辻晋堂という名が出てきます。彫刻家辻晋堂は亡くなられて随分経ちますが、ギャラリーせいほうで個展をやっていた作家でした。自分は学生時代に個展 […]
  • 週末 久しぶりの美術館巡り 作品の制作工程が厳しい中、3月になって初の美術館巡りをしました。東京に出かけていくのは久しぶりでした。ギャラリーせいほうにも立ち寄って7月個展の打ち合わせを行いました。まず最初に訪れたのは東京上野の […]
  • 見せない彫刻 故若林奮先生の作品の中に、ほとんど土中に埋めてしまって僅かしか見えない彫刻があります。府中美術館の野外にある鉄の作品も上の部分しか見せていない彫刻です。それを見ると鑑賞者は唖然としますが、自分にはそ […]
  • 「種村李弘の眼 迷宮の美術家たち」展 先日、東京の西高島平にある板橋区立美術館に行き、表記の展覧会を見てきました。故人である種村季弘は、私が滞欧中に親しんだウィーン幻想絵画を取り挙げた文学者で、深層心理に働きかけをするドイツ・オーストリ […]

Comments are closed.