生活空間と制作空間

職場から帰宅してから工房に出かける時があります。当然夜になっていて、植木畑に建っている工房の周囲は真っ暗です。懐中電灯で前を照らしながら、大きくなった植木の合間を縫って工房に辿り着くのです。工房に入ると、やはり倉庫として建てたものなので、ひんやりとした素っ気ない空間があるだけです。作業台や窯、無造作に置いた作りかけの作品。ガランとした空間には生活臭を拒絶する厳しさがあります。のんびりとお茶を飲むような余裕を与えてくれない雰囲気です。自宅とは正反対の異空間。自分はこれを求めて、こんな工房を建てたのだと自分に言い聞かせています。夜を通して制作をするには、あまりにも厳しい環境です。音響ではラジオだけが備えてあります。くつろぐところは自宅の生活空間、自分自身と向かい合うのは工房の制作空間、こんな使い分けをしているのです。工房にも一箇所くつろげる空間を作ったらどうかと家内に言われたことがあります。定年までは今のままでやっていくと答えました。工房にいる時間が少ないので、このままの状態でやっていきたいと思っています。

関連する投稿

  • 一日のルーティンを考える 学校を退職し、私は日々の出勤がなくなりました。一日中自由に過ごせる日常は、退屈と隣り合わせになるかなぁと考えていましたが、1週間以上が過ぎた今は校長職にあった時と変わらない時間の使い方をしています。 […]
  • 夏季休暇最終日 新盆&陶彫加飾 5日間あった夏季休暇が今日で終わります。工房で新作の陶彫制作に邁進しつつ、「江戸東京たてもの園」に建築家前川國男邸を見に行き、別日に東京ステーションギャラリーの「きたれ、バウハウス」展、池袋の「自由 […]
  • 週末 母の一周忌&窯入れ準備 週末になりました。今日は新作の制作ノルマがありましたが、昨年4月に亡くなった母の一周忌に当たるので、菩提寺に出かけて、お経をあげていただきました。その後で墓参りもして新しい卒塔婆を立てました。祖母の […]
  • 週末 窯入れ準備&自宅書棚増設 週末になりました。在宅勤務が増えている昨今、週末になった気分がしませんが、創作活動はウィークディの仕事とはきっちり分けているので、今週末も工房に行って新作の制作工程を先に進めることにしました。陶彫部 […]
  • 週末 自宅リフォーム完成&陶彫制作 今日の午前中に自宅リフォームを担当してくれた業者がやってきて、最終チェックを行なった後、リフォームが完全に終わったことを伝えてくれました。自宅は30年前、亡父が残してくれた植木畑に建てました。因みに […]

Comments are closed.