知り合いの遺作展

自分と同じ横浜市に勤めていた知り合いが昨年の12月に急逝して、もう1年が経ちます。その知り合いのご子息が自分の職場に今年から初任者としてやってきています。昨晩は彼と遅くまで飲んでいました。知り合いは自分と同じ二束の草鞋を履く画家でもありました。白馬を幻想画面に描きこんだ大作は、横浜市民ギャラリーで毎年観る機会がありました。青い水中で白馬が颯爽と舞っているような、時に魚群と戯れ、道化師も登場する作風は、一見してその人とわかるような独創性をもっていました。ご子息も絵を描いています。欧州の何気ない街角を捉えて描いていて、ご子息の方がまだ具象傾向を残した作風です。その知り合いが今月21日(火)から30日(木)まで遺作展を開いています。白馬の幻想絵画に加えて、欧州の淡彩スケッチも展示してあります。今日、遺作展に伺いました。絵を心から愛した人の個展を、この場を借りて広報したいと思います。 「樋口雄三 作品展」 場所:ギャラリー石川 横浜市港南区上大岡西2-7-6 ライオンプラザ上大岡1F ぜひ、ご覧ください。

関連する投稿

  • 週末 個展終了して美術館巡りへ 昨日、ギャラリーせいほうでの私の個展が終了しました。反省はいろいろありますが、ともあれホッとしたことは事実です。個展開催中は自分が会場にいなくても気がかりでなりませんでした。やはり終わってみると一抹 […]
  • 秋分の日は美術館・画廊を散策 今日は秋分の日でした。職場は週休2日なので、連休の実感はありませんでしたが、このところ秋の気配を感じているのは確かです。今日は早朝に工房に行って、明日の陶彫成形のために大きなタタラを7枚作りました。 […]
  • 振替を利用して案内状持参 先日の関西出張の折に超過勤務時間が発生し、その振替を今日の午後に取ることにしました。昨日、工房に案内状が1500枚届いたので、早速今日の午後の時間を使って、東京銀座のギャラリーせいほうに案内状100 […]
  • 週末 Gせいほう&美術館へ 今日は7月に個展を企画していただいている東京銀座のギャラリーせいほうに、個展の案内状1000枚を届けに行きました。画廊主の田中さんに長い間ご無沙汰していたことを詫びて、搬入に関する打ち合わせをしまし […]
  • 7月の成果を振り返る 毎年夏に東京銀座のギャラリーせいほうで個展を企画していただいている関係で、個展開催までの準備や開催中の接待、最終日の後片付けがあって、7月は毎回充実した1ヵ月を過ごすことになります。今月も例外ではあ […]

Comments are closed.