土練りのあと美術館へ…

成形に使う陶土がなくなり土練りをしました。陶彫は土を単身ではなく複数の土を混ぜて使っているのです。近々新しい土錬機が来るので、今使っている土錬機最後の仕事かもしれません。自分と懇意にしている陶芸業者から連絡があって、いい土錬機が見つかったので替えてみないかと持ちかけられたのです。ちょうど今の土錬機ではちょっと物足りない感じがしていたので、安く譲ってもらうことにしました。夕方は昨日の続きのような気分で美術館に出かけました。神奈川県川崎市にある岡本太郎美術館で開催中の「池田龍雄」展です。池田龍雄著「蜻蛉の夢」を何年か前に読んでいたので、実際の作品を見に行きたくなっていました。昨日は電車で、今日は自家用車で出かけました。今日は美術館の一室に作家がいてギャラリートークをやっていました。暫く耳を傾けていましたが、80歳を過ぎているにもかかわらず年齢を感じさせない若々しさを感じました。これは現代美術をリードしてきた自負からくるものか、生き生きとした制作生活からくるものか、まだまだ創作欲が衰えないところは見習うべきと思いました。展覧会の印象や感想は機会を改めたいと思います。

関連する投稿

  • 「リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝」展 昨日、表題の展覧会に行ってきました。新聞報道等の宣伝効果で多くの鑑賞者が訪れていました。1室目と2室目は足を踏み入れた時の雰囲気に圧倒されましたが、展示されていたひとつずつの作品からはあまり感銘を受 […]
  • 週末 個展終了して美術館巡りへ 昨日、ギャラリーせいほうでの私の個展が終了しました。反省はいろいろありますが、ともあれホッとしたことは事実です。個展開催中は自分が会場にいなくても気がかりでなりませんでした。やはり終わってみると一抹 […]
  • 週末 6月になって… 今日から6月です。梅雨入りが発表され、鬱陶しい季節が到来していますが、湿度の高い季節が陶彫の成形には最適なのです。ゆっくり乾燥していくためヒビが入りにくく、また陶土も適度に水を含んでいるため彫り込み […]
  • 美術館&ギャラリー巡りの日 週末になり、ウィークディの仕事から気分を解放させるため、今日は美術館に出かけました。朝8時半に家を出て東京の六本木まで電車を乗り継いで行きました。国立新美術館で開催中の「シュルレアリスム展」は必ず行 […]
  • 辻晋堂の彫刻 八木一夫のオブジェ焼に関する書物を読むと、そこにちょいちょい辻晋堂という名が出てきます。彫刻家辻晋堂は亡くなられて随分経ちますが、ギャラリーせいほうで個展をやっていた作家でした。自分は学生時代に個展 […]

Comments are closed.