野良から飼い猫へ

今晩は家内が不在です。邦楽の演奏仲間と泊りがけの忘年旅行に出かけています。毎晩家内がやっていた猫の世話を今日は自分がしなければなりません。猫のトラ吉は畑に捨てられていた野良猫です。工房から自宅に戻る途中の畑の中で鳴いていました。片手に乗るほど小さかったトラ吉は、今では5キロ近くある大きな猫になりました。普段は自宅の一室に閉じ込めています。そこは昔アトリエとして使っていた一室で、作品や道具を片付けて猫用のグッズを置いています。朝晩、部屋の扉の向こうから鳴き声がします。扉のノブに飛びついて開けたこともあります。部屋から出すと家内や自分の傍に擦り寄ってきます。野良猫から飼い猫に変身した証かもしれません。トラ吉はいつもじっと人の顔を見ています。何を考えているのか、考えていないのか、よくわからないトラ吉ですが、何か喋りだすような素振りを見せる時が面白いと感じます。

関連する投稿

  • 一日のルーティンを考える 学校を退職し、私は日々の出勤がなくなりました。一日中自由に過ごせる日常は、退屈と隣り合わせになるかなぁと考えていましたが、1週間以上が過ぎた今は校長職にあった時と変わらない時間の使い方をしています。 […]
  • 彫刻家として… 4月になりました。昨日は管理職退職辞令交付式に参加して、私の公務員人生にピリオドを打ちました。今まで職種を隠してきましたが、同じ職種の方々がこのNOTE(ブログ)をご覧になっていることもあり、今にな […]
  • 体力維持のために… 私は自宅の近くにスポーツ施設があるため、そこで水泳をしていました。20年以上も前は仕事帰りに夜間コースに通い、そこで知り合った仲間たちとマスターズ登録をして、年齢別の競技大会にも出ていました。その頃 […]
  • 週末 母の一周忌&窯入れ準備 週末になりました。今日は新作の制作ノルマがありましたが、昨年4月に亡くなった母の一周忌に当たるので、菩提寺に出かけて、お経をあげていただきました。その後で墓参りもして新しい卒塔婆を立てました。祖母の […]
  • 管理職退職辞令交付式に参加 3月の最終日になりました。私が35年間勤めていた横浜市公務員としての仕事が終わる日でもあります。今日は保土ケ谷公会堂で管理職退職辞令交付式があり、参加をしてきました。定年退職と言っても私の場合は再任 […]

Comments are closed.