思考を辿るデッサン

大学受験のためにデッサンに明け暮れていた時は、デッサンはもう充分と思っていました。大学では彫刻を作るための準備としてデッサンを行うことが多く、受験時代のようにデッサンが目的になることはなかったのです。ところが今はデッサンを目的としたデッサンをもう一度やりたいと思っています。一日1点ずつ葉書大の平面に作品を作っているRECORDで、可能なら風景デッサンをやってみたいと思います。時間のない日常からの逃避かもしれませんが、目に映るモノを見た通りに描くというプリミティヴな行為がいいと改めて思います。「目に映るモノを見た通り」、これが曲者です。彫刻家ジャコメッテイの晩年のデッサンはそれを追求して、空間に切り込むような線になり、形態も細くなっていったのでした。リアルとは何か、目の前に存在するモノは、ルネサンス以来の遠近法、透視図法で本当に成り立っているのか、そんな思索を続ければ、デッサンは造形美術の基本でありながら自分の思考を辿る表現とも成り得るのです。受験時代と違い、今の自分はデッサンひとつでも難しい課題を背負うことになるのかもしれません。

関連する投稿

  • 週末 RECORD撮影日 毎年この時期に1年間分のRECORDを撮影しています。ホームページにアップするためですが、一日1点ずつ制作していく小さな平面作品であるRECORDは、その条件が厳しくて、その日に完成しないことも多く […]
  • 平成最後の1月を振り返って… 今年の5月に新しい元号になることから、平成最後という冠があらゆるところで用いられそうですが、平成最後の1月が今日で終わります。光陰矢の如しと言うけれど、本当に今月は時間が経つのが早く感じられました。 […]
  • 9月RECORDは「連繋の風景」 「れんけい」という漢字表記は「連携」を一般的に用いますが、敢えて「連繋」にしたのは繋がりをRECORDで表現したい意図があるからです。専門家集団で構成されている私の職場でも、常に連繋を意識して組織的 […]
  • RECORD 山積みの解消 一日1点ずつポストカード大の平面作品を作って、かれこれ10年が経ちました。全てを称してRECORD(記録)と名づけています。毎日作品を作っていくうちにクオリティが高くなっていき、その日の気分に左右さ […]
  • 2019年 陶彫制作の再開 昨日は実家の小さな祠に鎮座する稲荷に行ったり、母がいる介護施設を訪ねたり、東京赤坂の豊川稲荷に初詣に出かけて護摩を焚いてもらったりして、工房に立ち寄ることがありませんでした。昨年のNOTE(ブログ) […]

Comments are closed.