見守ってくれた両親へ…

高校2年生の終わり頃、自分は両親に大学でデザインを学びたいと願い出ました。美術の中でも手堅い職業選択ができる工業デザインを両親への説得材料にして、週末はデザイン科受験のための予備校に通わせてもらうことになりました。両親は快く自分の思いを聞いてくれましたが、自分がやがて彫刻に転向したいと言った時は狐につままれたような顔をしていました。もうその時は1年近くも予備校に授業料を払っていたので、受験を止めさせるわけにもいかず、結局既成事実を作った上での事後承諾になり、自分は彫刻科へ向けて走り出していました。大学で彫刻を学んでいた自分に、両親は将来に対する文句は一言も言わず、ずっと見守り続けていてくれたのでした。初めの頃は、何も言われないことで心が救われましたが、逆に甘えも生じていました。何とかしなければと思っていたのは両親よりも自分自身の方でした。でも将来の設計が描けない自分に、大好きな彫刻に打ち込めば打ち込むほど鬱々とした不安が残りました。あの頃を思い出すたび、どうしたら彫刻を続けられるのか、どうしたら自立した生活ができるようになるのか、甘えと弱さに苛まれる自分が見えてきます。これは30年も前のことには到底思えず、つい最近のように感じていることのひとつです。

関連する投稿

  • 週末 相続手続き&最新作陶彫第一歩 6月最初の週末を迎えました。今夏の個展で発表するであろう新作は全て出来上がり、先週末に写真撮影をしたところですが、新作は修整が多く、梱包を含めて今月の週末にやっていくつもりです。発表するであろうとし […]
  • 外出自粛の4月を振り返る 今日で4月が終わります。今月は新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、首都圏の外出自粛から全国的な規模による緊急事態宣言に移行した1ヶ月になりました。職場も在宅勤務が始まり、年度初めに恒例として行われ […]
  • GW④ 「陶紋」の制作継続 ゴールデンウィークの4日目を迎えました。一昨日から小品「陶紋」の制作に入っていて、今日も制作を継続しました。新作の「陶紋」は5点作る予定です。そのためのタタラを準備していたので、今日は昨日に続いて4 […]
  • 週末 新たなテーブル彫刻の制作開始 週末になりました。今月の制作目標に従って、今日から新たなテーブル彫刻の制作を始めました。新たなテーブル彫刻として、昨年制作し7月にギャラリーで発表した「発掘~曲景~」の対を成す作品を作ろうと思ってい […]
  • 週末 テーブル彫刻の砂マチ施工 今朝は自宅の新しくなったシステム・キッチンの食器棚に食器を収めていました。茨城県に住む陶芸家の友人の作品を初め、茨城県笠間や栃木県益子で手に入れたさまざまな器に思いを感じながら収納していました。自分 […]

Comments are closed.