夢で見た作品

昨日のブログの続きです。夢の中で記憶を再構築して作り出した世界は、自分の願望がそのまま現れているように思います。夢が現実であれば、自分はもうひとつの人生を歩んでいることになりますが、そこでも自分は彫刻をやっているのです。素材に鉄を選んでいるところを考えると、やはり自分の中には金属に対する憧れがあるように思います。くず鉄を溶接し、人体の一部を作っていて、それも内部ががらんどうの穴の空いた彫刻です。廃物利用の作品で、鉄も錆びています。師匠の池田宗弘先生の真鍮直付けの細い人体作品と、私淑している保田春彦先生の錆鉄の造形がイメージの根底にあるのだと思います。昨日のブログに書いた部屋の格子棚に、それら鉄の彫刻作品が並んでいるのです。さて、夢の続きはどうなるのか、夢の中でもう一人の彫刻家に出会っている自分は、その後どんな脚色を用意しているのか、ドラマであれば楽しい展開もあるのでしょうが、やはり夢は夢なのです。その後はまったく夢を見なくなり、夢で見た作品は次第に輪郭を失い、今は霧に閉ざされた空間に放置されたままになっています。

関連する投稿

  • 閉庁日における制作目標 昨日から始まった職場の閉庁日(休庁期間)ですが、改めて制作目標を掲げておきたいと思います。週末である今日も朝から夕方まで陶彫制作に明け暮れました。閉庁日9日間のうち、元旦と従兄弟会を除く7日間で何を […]
  • 11月RECORDは「拡散の風景」 一日1点ずつポストカード大の平面作品を作っていくRECORD。文字通り日々のRECORD(記録)で、その日のさまざまなことが記録されていきますが、時間がない中で制作をしているため、その効率を考えて5 […]
  • 師匠の温かい助言 先日、ドイツの菓子シュトレンを長野県に住む彫刻家池田宗弘先生に郵送しました。そのお礼を兼ねた電話があったそうで、私が仕事で不在だったため家内が電話を受けました。私とも長電話になる池田先生ですが、私の […]
  • 「発掘~座景~」台座塗装開始 今週初めに窯入れした陶彫部品の焼成が終わって、今晩から電気を使えるようになり、夜の工房に通えます。週末だけでは完成に漕ぎ着くことが出来ない新作は、ウィークディの夜も制作を余儀なくされ、なかなか厳しい […]
  • 作品タイトルをどうするか? 昨年の夏より取り組んでいる新作には、まだタイトルがありません。大きなテーブル彫刻やら小さめのテーブル彫刻といった呼び方をしていて、そろそろタイトルをつけないと不便だなぁと感じています。タイトルは作者 […]

Comments are closed.