疲労残る週初め

先週末の頑張りが影響して、やはり今日は微妙に疲れを感じます。職場での仕事は、週末の創作活動と比べると神経の使い方が違います。職場は職場で施設面や人事面で山積する仕事があって大変です。何十年も公務員と彫刻家の二束の草鞋を履いてやってきているので、気持ちの切り替えは簡単に出来るのですが、ただ最近は双方の疲労を持ち越すことが多くなりました。創作活動で凝縮した一日を過ごすと身体に応えます。とくに土練りやタタラ作りをした翌日はつらいものがあります。また先々の話ですが、年度末を迎える職場の圧倒的な仕事量の前には、創作活動の入り込む余地がありません。加齢のせいとは思いたくないのですが、しばらく休養していないのも確かで、この自転車操業がいつまで保てるのか自信を失いかける時があります。双方の仕事を適当にやり過ごせない不器用さと生真面目さが短所であり、またはひょっとすると長所でもあるかもしれないと思うこの頃です。

関連する投稿

  • 退職前に歯科治療 私は何年かに一度は歯科治療に行っています。NOTE(ブログ)に書いているので、アーカイブを調べれば分かります。歯磨きが上手くないのか、歯そのものが丈夫でないのか、よく分かりませんが、親の代から同じ歯 […]
  • 疲労を感じる時… 例年この時期は疲労を感じることが多いのですが、このところちょっと辛いなぁと思っています。私が疲労を感じる時は、上顎の奥歯のあたりの神経にぼんやりした痛みがあります。歯科医院に行って診てもらっても、奥 […]
  • 週末 2月を振り返って… 今日で2月が終わります。週末で朝から工房に籠りましたが、今日の制作状況と併せて今月を振り返ってみたいと思います。今日は陶彫成形を1点、彫り込み加飾も行いました。晴天で梅の花が青空に映える一日でしたが […]
  • 日常生活が変わる時 私は30歳で地方公務員になってから30年以上が過ぎ、毎日職場に通う生活を送っています。それまで海外で自由に生きてきた自分には、当初窮屈な生活に辟易していましたが、その規則性に徐々に慣れてきて、社会人 […]
  • 2021年の初めに… 2021年になりました。今年もよろしくお願いいたします。昨年母が亡くなり、喪に服していることと、世界的に流行している新型コロナウイルス感染症の影響で、今年は正月を迎えた気分がしません。初詣には行かな […]

Comments are closed.