陶による集合彫刻を考える

陶彫に関わって10数年が経ち、改めて現在やっている陶による集合彫刻を考えてみたいと思います。集合彫刻を始める動機は、もちろん集合彫刻が自分の感性に合っていたことが一番でしたが、集合彫刻にはさらに付随するものが多くあります。まず素材が陶であり、陶土を焼成するための窯の容積が決まっていて、単体作品であれば作れる大きさに限界があること。そこで単体を組み合わせる集合体にすれば大きさにある程度の幅ができて、よりイメージに近づけると思ったのです。もうひとつは自分は公務員であり、制作時間の制約を受けることが挙げられます。仕事の具合によって作品のパーツの数に影響して、集合体が大きくなったり小さくなったりするのですが、それでも未完で終わることはありません。それは当初のイメージ通りではなくなることを意味し、何度もイメージを描き変える必要が出てきます。イメージを一旦壊し、新たな模索を余儀なくされて、さらに締め切り時間とのギリギリの攻防によってパーツを作ります。これは時に緊張感を生んで結果的にはいい展開をすることがあります。もちろん、その逆もあります。余計なパーツを多く作ってしまい、作品が散漫になってしまうのです。陶による集合彫刻は、自分の感性と生活サイクルから生まれた表現方法で、もうしばらくはこの方法にこだわっていきたいと思っています。

関連する投稿

  • 週末 陶彫制作に没頭 今日は週末なので朝から工房にいました。ただし、この1週間は仕事から帰ると工房に出かけ、2時間程度制作をやっていました。日によっては1時間が限界という時もありました。その制作の流れのまま週末を迎え、今 […]
  • 週末 加飾に明け暮れる 昨日成形したドーム型陶彫部品に今日は朝から加飾を行いました。彫り込みを入れたり、穴を空けたりする作業をやっていると、これが作品化する上で一番面白みがある作業ではないかと思えます。生乾きの陶土の上に針 […]
  • 6月の終わりに… 雨が降ったり猛暑に見舞われたり、6月は体感的には快い1ヶ月ではありません。それでも比較的充実した制作が出来たのは、陶彫という表現と陶の素材によるものだと思います。陶土は湿度が高いほうがゆっくり乾燥し […]
  • 週末 イメージの昇華 新作のための陶彫部品を作り始めました。昨日と違ってほんの少しばかり気温が低いのが救いでした。美大生ら3名の子たちもそれぞれの制作に勤しみ、相変わらず工房に真剣な空気が流れていました。自分の作っている […]
  • 週末 四角錘加飾と土練り 先日成形した大きな四角錘(ピラミッド)の加飾を行いました。この作業が造形として一番面白い作業で、作品のイメージを確かめながら仕上げていきます。彫り込みを入れたり、穴を開けたりして、作品化していくので […]

Comments are closed.