白川郷・五箇山にて

「世界文化遺産としては、すでに法隆寺と姫路城が決定している。が、白川郷合掌造り民家とその集落には、それらとは決定的にちがった文化的価値がある。それは、大自然の草木に依拠しつつ、庶民が自らの知恵と工夫と技術でもってつくりあげた住まいであり、いま現にそこに住みくらしつづけている庶民文化、生活文化の結晶の場だということである。それは、時の権力者や富貴者がつくった単なる記念碑的存在とは比ぶべくもない重みと貴さをもっている。」(姫田忠義著 1995年白川村教育委員会発行)前述の文章を読んだ自分は、合掌造りの民家に住み続けている人々のいる白川郷や五箇山の集落を一度は訪ねてみたくて、今年は飛騨高山方面にやってきました。すでに世界遺産となっているところなので、観光化されていることはわかっていましたが、そこに行ってみたいとずっと思っていました。来てみて感じたことは周囲を奥深い山々に囲まれて孤立した集落だったこと。そのため生活の利便化が遅れ、古いまま取残されたこと。そんなことが幸いして合掌造り民家が多く点在することになり、自分たち日本人が生活の原点を振り返る場所と機会を与えられているのだと思いました。また五箇山は箱庭のように美しく、絵本の世界のように思えました。

関連する投稿

  • 閉庁日(休庁期間)の始まり 今日から職場は閉庁日(休庁期間)に入ります。私の職場は1月5日まで閉庁するので、休庁期間は合計9日間になり、例年この時期、私は来年夏に発表する陶彫による集合彫刻の制作に没頭しています。これがなければ […]
  • 「即位礼正殿の儀」で創作活動の機会を得る 今日は「即位礼正殿の儀」で、官公庁は休日になりました。「即位礼正殿の儀」とは、天皇陛下の御即位を内外に広く披露するための儀式です。言わば外国で称される「戴冠式」のようなものだろうと思います。天皇制が […]
  • ヨーロッパを懐かしむシュトレン この時期になると、神奈川県川崎にある菓子店「マリアツェル」に出かけます。20代の頃、オーストリアのウィーンに暮らしていた自分は、日本人パティシエと仲良くなり、よく遊んでいました。彼は菓子修行でホテル […]
  • 週末 梱包用木箱作り準備 昨日の夜に関西出張から帰ってきました。2泊3日の出張で疲労も溜まっているだろうと予想していましたが、思っていた通り、午前中は身体が動かず自宅でボンヤリしていました。とりあえず工房に行きましたが、先日 […]
  • 母の施設引越し&美術館へ… 今日は職場で年休をいただきました。ちょうど外会議もなく、書類を早急に作ることもない日は、一日休んでも大きな影響がないと判断しました。突発的な危機管理が求められる場合は、副管理職から連絡が入ることにな […]

Comments are closed.