「有元利夫展 天空の音楽」

昨日のブログに「鴨居玲 享年57歳」と書きましたが、今日取り上げる画家は38歳の若さで急逝した有元利夫です。折りしも同時期に別々の美術館で、両人とも没後25年の展覧会が開かれていたので、先日「有元利夫展 天空の音楽」を見に東京都庭園美術館に行ってきました。このアール・デコ調の美術館は有元ワールドにとても合っていて、その環境の素晴らしさがとても心地よく感じられました。38歳と言えば、まだ自己表現の確立に至っていない場合が多く、自分を引き合いに出すのも恥ずかしいのですが、自分が38歳の頃は創作活動に自信を失いかけていた頃でした。有元利夫はそういう意味では早熟で、バロック音楽に触発された静謐な世界を形作っていて、その説得力は驚くばかりです。展覧会にはアトリエを写した大きな画像がありました。そこには大小の画布が壁一面に掛かっていて、途中で筆をおいてあれこれ眺めては、壁の中から1点を選び出し筆を入れるという制作方法が採られていたようです。実はこんな制作風景が自分には気になるのです。まだ有元が生きていれば、どんなに素晴らしい世界を築いたことか、それを考えると残念でなりませんが、時折このような展覧会を開催して、私たちの目に常に新鮮な感動を齎せてほしいと切望してやみません。

関連する投稿

  • 虎ノ門の「近代日本画の華」展 東京港区虎ノ門にある大倉集古館へこの歳になって初めて足を踏み入れました。若い頃から美術館巡りをしているにも関わらず、大倉集古館には行かなかったのが不思議なくらいです。調べてみると大倉集古館は日本で最 […]
  • 上野の「ゴッホ展」 昨日、東京上野の上野の森美術館で開催されている「ゴッホ展」に行ってきました。日曜日の午後で、しかも人気のある画家だったためか会場内は大変混雑していて、私は鑑賞者の間隙を縫ってゴッホを始めとするハーグ […]
  • 美術館を巡った日 今日は用事があって職場から年休をいただきました。用事はすぐ終わってしまい、残りの時間を横浜や東京の美術館巡りに充てました。ウィークディに展覧会を見に行く機会がなかなかなかったので、今日はラッキーな一 […]
  • 夏季休暇④ 大塚国際美術館へ 今日は新大阪駅前から出る日帰りバスツアーに参加しました。横浜の自宅からネットで申し込んでいたのでしたが、徳島県鳴門市にある陶板名画を集めた大塚国際美術館を堪能するツアーで、一度行って見たいと思ってい […]
  • 週末 六本木・銀座・上野を渡り歩く 今日は東京の博物館、美術館、画廊を回ろうと決めていました。後輩の彫刻家が二科展出品、同僚の画家がグループ展参加、その他見たい展覧会があって、二科展とグループ展の日程が合うのが今日しかなかったのでした […]

Comments are closed.