個展のことを思いながら…

今日は、というより今日から週末まで東京銀座で開催している個展のことを思いながら職場に出勤しています。今日はどんな人が訪ねているのだろうとあれこれ考えながら過ごしましたが、仕事が始まると個展への思いは吹っ飛んでしまうのです。家内がギャラリーに行った時も既に知人が来ていたらしく、ギャラリーの空間でお茶をしたようです。毎年呉服店の御主人は大きなランの花を贈ってくださっていて感謝に耐えませんが、それよりどうか気を使わないで気軽に訪ねていただければと思います。来ていただくだけでこの上ない満足感があります。今日の都心の気温は大変なもので、風が熱風のようだったと家内が言っていました。新橋駅から歩く間でも、コンクリートの道が揺らいで見えるほど夏の暑さを感じる陽気です。銀座の真ん中で熱射病にならないように水分等補給していただいて、エアコンの効いたギャラリーにぜひお立ち寄りください。

関連する投稿

  • 東京京橋の「サイトユフジ展」 画家サイトユフジさんが東京の京橋にあるギャラリー東京ユマニテで個展を開催しているので、家内と見て来ました。私は20代の頃、オーストリアの首都ウィーンに滞在していましたが、サイトさんはその頃既にウィー […]
  • 図録による「小井土滿展ー鉄水墨」について 東京銀座のギャラリーせいほうでの私の個展の最中に、彫刻家小井土滿氏がひょっこり顔を出し、暫し話をする機会が持てました。小井土氏は長い間武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科の教授をされていて、数年前に同 […]
  • 12月初日に喪中はがきを出す 12月になりました。まずは今年の4月に母が他界したため、喪中はがきを出すことにしました。今日は仕事から帰ってから喪中はがきの宛名印刷を行っていました。私は例年RECORDの絵柄を利用して積極的に年賀 […]
  • 個展の初日を迎え… 今日から東京銀座のギャラリーせいほうにおいて、私の15回目の個展が始まっています。例年なら初日は必ずギャラリーに行って、私は鑑賞に来てくださる方々を迎えていました。ちょうど海の日が月曜日にあり、職場 […]
  • 「海の日」は個展会場へ… やっと休日になり、自分の個展会場に足を運ぶことができました。個展は既に始まっていますが、私には今日が初日と言う感覚がありました。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、個展にはほとんど人が来ないだろうと […]

Comments are closed.