7月 初夏のイメージ

7月になりました。初夏というと爽やかな風をイメージしますが、実際は梅雨空のムシムシする気候の中で今月を迎えることになりました。それでも初夏であることには変わりなく、晴れ渡る青空がそこまできているという期待があります。さて、昨年の7月は個展に加え、工房の完成という記念すべき1ヶ月でした。今年はどうでしょうか。中旬から始まる個展は、今回で5回目を向かえ恒例化しつつあるといっても差し支えありません。工房はあれから1年が経ち、自分にとって今では心のオアシスとなって、自分の気持ちを支えてくれる空間になっています。相原工房は室内・野外とも完成し、あとは作品制作の充実を図るだけです。今月は個展に向けた準備と工房内の整理、欲を言えば新作をやっていきたいと思っています。

関連する投稿

  • 週末 日常を取り戻す 昨日で個展が終了し、今日から通常の制作に入ることにしました。イベント終了の翌日は複雑な心境になります。一日ゆっくり休みたいと思うのですが、私の流儀はそうではなく、最新作の制作を何が何でも続けていくの […]
  • 週末 制作&映画と個展巡り 週末が久しぶりにやってきた感じがしました。それだけウィークディの仕事に負担を感じていたのか、とりわけ今週は疲れていました。副管理職たちの集まりで助言者を引き受けたり、近々やってくる研究会のために慣れ […]
  • 連休⑩ 「陶紋」5点の制作開始 大型連休は今日が最終日です。10連休は新天皇の即位があって実現したもので、私は陶彫制作や美術や音楽鑑賞、さらに映画鑑賞に日々充実した休日を過ごすことが出来ました。工房のロフト拡張工事も始まりました。 […]
  • 週末 2回目の撮影日 当初の雨天という予報が変わって、今日は太陽が顔を覗かせる好天になりました。「発掘~環景~」は多少陶彫部品が足りないにも関わらず、何とか撮影が可能な状態になり、創作のコンセプトは伝わるのではないかと判 […]
  • 6月を振り返って… 今日で6月が終わります。来月はいよいよ11回目の個展があります。そのため今月の制作工程は厳しさを増しました。ウィークディの夜にも工房に通ったので、工房稼働時間は今までにない最多時間だったのではないか […]

Comments are closed.