灯籠の造形を考える

亡父がまだ造園業を営んでいた頃、実家の庭には造園に使う石材や竹材、木材がゴロゴロしていました。その中にどこかで仕入れてきた石灯籠がありました。その石灯籠は、寺院にある手の込んだ灯籠と異なり、自然の岩に見立てた素朴な石の上に笠を乗せた簡単な作りで、それこそ造園の施工にすぐ使えるように無造作に置かれていました。あるべきところにきちんと置けば、それなりに鑑賞に耐えるものになるのでしょうが、半分風化したような石灯籠に自分は妙な愛着を覚えていました。灯籠は仏教伝来とともに大陸からやってきたもので、日本では飛鳥時代に遡ります。それが時代とともに鑑賞性が高まり、今で言う照明器具の走りになったようです。自分には陶彫に照明を仕込んだ作品があります。実家に放置されていた商売用の灯籠とイメージが重なり、陶彫による現代版灯籠を作ってみたいと考えています。いわゆる外に置く照明器具ですが、足元を照らし、人を導き入れる演出にちょっと魅力を感じています。

関連する投稿

  • 仕事再開の6月に… 新型コロナウイルス感染症の影響で、6月になって漸く仕事が通常勤務になりました。ただし、感染症対策は怠りなくやっていかなければならず、完全に仕事が回復した状態ではありません。それでも職場で全員が顔を合 […]
  • 単体が集合する世界 朧気な全体像をイメージしながら、単体となる作品をひとつずつ作っていき、それらを集合させて、ひとつの作品にまとめる世界が私の得意とするものです。自分の資質もあるのでしょうが、昼間は公務員として働きなが […]
  • 週末 屏風に接合する陶彫制作開始 私が作る屏風と言っても、従来の日本画のそれとは異なり、角度のついた厚板材に陶彫部品が接合されたもので、言うなればレリーフを折り曲げて展示する立体作品です。私の陶彫表現のデビュー作が「発掘~鳥瞰~」で […]
  • 週末 新作2点目の導入 夏に東京銀座で発表する陶彫作品は、大きめの新作を2点、小作品「陶紋」を数点出品しようと考えています。毎年の定番になっていますが、ギャラリーせいほうの空間を考えると、今回もこのくらいの作品量を必死にな […]
  • 呪縛からの解放 毎年大きめの新作彫刻を2点ずつ作り続けていますが、制作に取りかかると作品のイメージの虜になってしまいます。イメージの具現化を目指し、どんなパーツがどのくらい必要か、完成にはどのくらい日数がかかるのか […]

Comments are closed.