図録印刷完成の日

今年7月に開催する個展の図録が出来上がり、昨日手許に届きました。今回は「木・陶による構築シリーズ」と題した図録で、同じ形式で毎年作り続けて5冊目になります。東京銀座のギャラリーせいほうでの個展も5回目になります。慣れたといえば慣れましたが、それでも毎回新鮮な驚きがあって、作品によって図録のデザインや色彩が大きく変わり、とても楽しめます。今回は白っぽい画面が多く、柱が支える板材に様々な穴が空いているのを白い背景で強調しているのです。「構築~包囲~」の骨っぽい透けた構成がメインになっているためか、今までのような塊としての要素は減っています。もっとも陶彫も中身は空洞なので、重厚な塊に見えるだけで、「構築~包囲~」と基本的な考え方は変わらないのです。毎回出品している「球体都市」は今回の7点で最後になります。この図録や案内状を近々ギャラリーせいほうに届ける予定です。

関連する投稿

  • お礼状の郵送 個展に来ていただいた方々へお礼状を出すことにしました。芳名帳からピックアップして数十人の方々に郵送いたします。とくに今回のお礼状は自分から案内を送った方々に限らせていただいています。個展を開催する際 […]
  • 個展用図録の見本 7月20日から開催するギャラリーせいほうでの個展。今年の個展用図録が出来上がってきました。自分にとっては4冊目の図録になります。一番気に入っているところは表紙です。自分が描いたラフスケッチをもとにカ […]
  • 辻晋堂の彫刻 八木一夫のオブジェ焼に関する書物を読むと、そこにちょいちょい辻晋堂という名が出てきます。彫刻家辻晋堂は亡くなられて随分経ちますが、ギャラリーせいほうで個展をやっていた作家でした。自分は学生時代に個展 […]
  • 個展搬出の日を迎え… 始まれば、あっと言う間に終わってしまう印象でした。今日で個展が終了です。ギャラリーせいほうの開館時間に合わせて、大学生たちや職場の人たちが来てくれて朝から盛況でした。懐かしい人たちともお会いできまし […]
  • 2007年HP・ブログのまとめ 昨年と同じタイトルをつけて今年を振り返ってみようと思います。昨年3月からHPを立ち上げ、現在も日課としてブログの書き込みをやっています。毎日が確認できること、知識や感想をまとめられること等ブログとし […]

Comments are closed.