青木ヶ原樹海を歩く

富士山の麓に広がる青木ヶ原樹海。鳴沢村にある宿泊施設からインストラクターの誘導で樹海に入り、環境保全の研修を積みました。溶岩台地に広がるヒノキやモミ、ナラ等の木々の間を歩き回りました。鬱蒼とした緑に囲まれていると、美的なイメージに繋がるものがあらゆるところに潜んでいて、楽しい気分になりました。溶岩流に見舞われていない太古の森では、巨木に宿る不思議な生命を感じ取り、大地から湧き上がった樹木にポッカリ空いた穴や空洞が、彫刻的な造形を感じさせてくれました。しかしながら人が作るモノは何と頼りなく貧しいものか、自然の中にいるとそんなころまで思い描いてしまいます。そこかしこにある洞窟もまた然りです。大地の内側にスッポリ入り、光の無い世界に触れると、視界とは一体何なのか、脳が感じとる存在の意味を考える機会を与えられたように思いました。視界に関する自分なりの考察は次の機会にするとして、今日は歩いて立ち止まり、そして感じて思い描く貴重な一日になりました。

関連する投稿

  • 映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」雑感 昨晩、家内と横浜市都筑区鴨居にある映画館に、今話題となっているアニメ映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」を観てきました。「新世紀エヴァンゲリオン」は20数年前に社会現象となり、私もそのアニメーション […]
  • 週末 土練り&美術館鑑賞 新型コロナウイルス感染症の影響で緊急事態宣言が出されている中、東京の博物館や美術館に行っていいものかどうか、数日前まで迷っていましたが、展覧会の開催期間終了が迫っていることもあって、インターネットや […]
  • 彫刻家として… 4月になりました。昨日は管理職退職辞令交付式に参加して、私の公務員人生にピリオドを打ちました。今まで職種を隠してきましたが、同じ職種の方々がこのNOTE(ブログ)をご覧になっていることもあり、今にな […]
  • 難解な書籍を読み取る力 読書が好きな私が初めて手に負えない難解な書籍と出会ったのは、中学生の頃に読んだカフカの「変身」でした。それまで創元推理文庫やハヤカワ・ミステリーを読み漁っていた自分は、カフカの不思議な世界観に居心地 […]
  • 週末 美大の卒業制作展へ 今日も昨日に続いて展覧会に行きました。今日は工房に出入りしている美大受験生と一緒に東京都八王子市にある多摩美術大学の卒業制作展に車で出かけました。首都圏にある美術系大学の卒業制作展は3月に集中してい […]

Comments are closed.