週末 制作三昧の時間

度々ブログに書いていますが、いつも週末になると実感することが、表題にある制作三昧です。日頃は横浜市公務員として働いている自分が、心を解放できる時間が制作をしている時間帯です。それは自分と向き合う時間であり、自分の創作意図を具現化する時間です。時々ボランティアで自分の制作の手伝いに来る学生がいます。手伝いと言っても彼らも自分の制作をしていることが多く、同じ工房の空間を共有して、お互い促進しあっている場面があります。それは幸せな瞬間でもあります。木を彫ること、土を練ること、そうした素材との対話も、自分の心を癒すものです。継続は力と言いますが、決してつらいものではありません。毎週末が楽しみでならないのです。

関連する投稿

  • 週末 8点目と9点目の陶彫成形 新作は直方体の陶彫部品が数多く並ぶ風景を創出させる予定です。その直方体は単体もあれば3層に積み重なったものもあります。3層の陶彫部品は、上部の凹んだところに次の陶彫部品を積み重ねていく方法を取ってい […]
  • 週末 9月最初の週末に… 週末になりました。9月最初の週末になっても工房内の気温は相変わらずで、蒸し暑い環境の中で制作を余儀なくされています。今日は暑さを避けて朝7時に工房に出かけ、制作を開始しました。朝7時から夕方3時まで […]
  • 週末 積み重ねる作業の合間で… 週末になりました。今日は雨模様で気温も上がらず、凌ぎ易い一日になりました。朝8時に工房に出かけ、明日の成形のためにタタラを用意したり、前の陶彫成形でまだやり残している彫り込み加飾を行ないました。週末 […]
  • 週末 RECORD追い上げに本腰 今日も朝から気温が上昇し、静岡県では40度を越す気温が記録されました。空調のない工房での陶彫制作は、どのくらい体調が保てるのか、実際に朝から工房に篭っていましたが、2時間程度で切り上げることにしまし […]
  • 週末 5点目の陶彫成形 今日は酷暑から解放されて凌ぎ易い一日になりました。久しぶりに朝から午後まで工房で過ごし、新作の5点目になる陶彫成形を行ないました。陶彫の制作工程の中で、成形こそが唯一立体を作り上げる工程で、彫刻的に […]

Comments are closed.