「美しき挑発 レンピッカ展」

今月5日に美術館巡りをした折り、表題の展覧会に足を運びました。東京渋谷にあるBunkamuraミュージアムは斬新な企画で人を集めるので、自分はよく見に行っています。タマラ・ド・レンピッカも特異な女流画家だと思います。もともとポーランドのワルシャワ生まれのレンピッカは、パリやニューヨークを舞台に活躍しました。アールデコを代表する芸術家のひとりと称されますが、ルネサンスの絵画から様々な手法を学び、それをレンピッカ風にアレンジして独特の世界を作り上げました。レンピッカ風というのは、人物を描いても静物を描いても自然な光を感じず、むしろ舞台に照明を当てているようなキラリとした技巧的な光を感じるのです。レンピッカ自身も、モデルのように美しく女優のようなムードが漂う芸術家です。レンピッカが生み出す絵画全てがレンピッカの自画像のように思えてきます。アールヌーボーやアールデコが見直されている現代にあって、レンピッカは懐古と斬新の入り混じったユニークな地位を与えられている画家だと思います。

関連する投稿

  • 横浜の「バンクシー展」 横浜駅に隣接するアソビルで開催されているバンクシーの全貌を示す展覧会は「バンクシー展 […]
  • 橫浜の「エッシャー展」 既に終わってしまった展覧会の感想を述べるのは恐縮ですが、旧知の作品が多い有名な版画家の印象を改めて書きたいと思いました。オランダ人版画家M・C・エッシャーの作品を、私がいつ頃知ったか今も鮮烈に覚えて […]
  • 社会の鬱積からの解放 武蔵野美術大学美術館で開催中の「スタシス・エイドリゲヴィチウス展」を見て感じたことは、国家が社会主義体制にあった時代に、その鬱積から心を解放したいと願って、密かに作品を作っている芸術家の姿でした。そ […]
  • 「種村李弘の眼 迷宮の美術家たち」展 先日、東京の西高島平にある板橋区立美術館に行き、表記の展覧会を見てきました。故人である種村季弘は、私が滞欧中に親しんだウィーン幻想絵画を取り挙げた文学者で、深層心理に働きかけをするドイツ・オーストリ […]
  • 古都で現代美術を考えた日 今月の初旬に関西に出張で行ってきました。京都にある京都国立近代美術館で開催していた「現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展」は現代の生活と美術の関わりを改めて考える機会になりました。現代美術と […]

Comments are closed.