「細川家の至宝」展

由緒ある家系に伝わる文化財を守っていくことは、後世の人にとって大切な役目であると思います。散在して失われた価値ある家宝は残念の極みです。旧熊本藩主である細川家は、永青文庫を設立して文化財を後世に伝えてきました。東京上野にある国立博物館平成館で、永青文庫が保有する価値ある文化財に、自分を含め多くの人が接することができるのは、細川家の人たちが代々守ってきた努力のおかげと思っています。美術的な価値で言えば、巧みな技が生かされた工芸品の数々が挙げられます。自分は刀の鍔の繊細な造形に惹かれました。織物の刺繍の美しさにも眼を見張りました。美術館の外は初夏の陽気になっているにもかかわらず、美術館の内部はひっそりとした暗がりになり、手の込んだ貴重な美術品ひとつひとつにライトが当てられ、じっくり鑑賞できる環境が演出されていました。休日だったので、人で混んではいましたが、骨董価値のある品々を時間をかけて堪能出来ました。

関連する投稿

  • 週末 加飾&展覧会巡り 週末になりました。朝7時に工房に出かけ、10時までの3時間、新作の彫り込み加飾をやっていました。早朝制作を遂行したのは、今日は東京と横浜の博物館や美術館へ行く予定があったためでした。いつもならNOT […]
  • 虎ノ門の「近代日本画の華」展 東京港区虎ノ門にある大倉集古館へこの歳になって初めて足を踏み入れました。若い頃から美術館巡りをしているにも関わらず、大倉集古館には行かなかったのが不思議なくらいです。調べてみると大倉集古館は日本で最 […]
  • 週末 土練り&美術館散策 週末になりました。週末になると私は職場の仕事を一時忘れ、創作活動に邁進します。心が解放される瞬間がやってくるのです。今日は武蔵野美術大学美術館で開催されている「脇谷徹ー素描ということ」展に行こうと前 […]
  • 週末 陶彫成形準備&茅ヶ崎散策 やっと週末になりました。8月最後の週末は相変わらず気温が高く、工房にずっと篭るのは辛いかなぁと思いました。そこで朝7時に工房に行き、明日の陶彫成形のためにタタラを数枚用意し、2時間程度で工房を後にし […]
  • 美術館を巡った日 今日は用事があって職場から年休をいただきました。用事はすぐ終わってしまい、残りの時間を横浜や東京の美術館巡りに充てました。ウィークディに展覧会を見に行く機会がなかなかなかったので、今日はラッキーな一 […]

Comments are closed.