猫語の解読を始める

栃木県益子にある浜田庄司記念館(益子参考館)の母屋の中に喫茶コーナーがあって、そこでコーヒーを飲んでいたら、どこからか猫が現れて、しきりに自分に向かって何か喋っているような鳴き声を出していました。それを無視してボンヤリ休んでいると、そこに猫の飼い主と思われる喫茶店主が顔を出しました。するとその猫は店主のところに一目散に駈けていって、不平不満を訴えるような鳴き声を出していました。自分にはそう聞こえました。まさにこれは猫語だと思いました。鳴き声のニュアンスで猫の主張がわかるのです。「この人は自分をまるで相手にしてくれない」と訴えていたのかもしれません。昨日から我が家にいる猫族の赤ん坊は、まさに鳴き通しです。寝ているか鳴いているかしかありません。でもよく耳を澄ませば、鳴き声が喋り声に聞こえてくるから不思議です。このブログを書いている間も、独り言のように猫語でブツブツ言っています。「仕事ばかりしていないで、ちょっとは自分と遊んでくれ」と言っているように思えます。

関連する投稿

  • 三連休最終日は手が悴む寒さ 三連休の最終日になりました。昨日も工房の温度は0度を指していましたが、今日も寒さとの闘いになるほど制作は厳しいものになりました。作業の内容としては厚板による土台作り、彫り込み加飾に加えて乾燥した陶彫 […]
  • 2021年の初めに… 2021年になりました。今年もよろしくお願いいたします。昨年母が亡くなり、喪に服していることと、世界的に流行している新型コロナウイルス感染症の影響で、今年は正月を迎えた気分がしません。初詣には行かな […]
  • 三連休 土台作り&結婚披露宴へ 三連休の中日です。今日の午前中は新作の土台作りに取り掛かりました。たとえ2時間でも自宅でゆっくりするよりは工房に行って、厚板を切断する作業を選びました。切断というより穴を刳り貫く作業に終始しましたが […]
  • 日常生活が変わる時 私は30歳で地方公務員になってから30年以上が過ぎ、毎日職場に通う生活を送っています。それまで海外で自由に生きてきた自分には、当初窮屈な生活に辟易していましたが、その規則性に徐々に慣れてきて、社会人 […]
  • 20’~21’休庁期間について 2020年12月29日から2021年1月3日までの6日間は休庁期間になっています。私の職種はこの期間はきっちり休むことが出来て、コロナ渦の中でそれだけでも幸福と言えます。同じ公務員でも市や区の福祉健 […]

Comments are closed.