創作姿勢を省みる

何回かブログに書いてきたことですが、自分は決まった時間に彫刻等の作業を行うのを習慣としています。週末は必ず工房に行って、朝から夕方まで作業をしています。イメージが出てくるの待ったり、気が乗るのを待ったりしません。天才肌ではないと自覚しているのです。職人のように坦々と仕事をするのが、自分にとっては一番楽なのです。自分は一気呵成に創作に没頭することはありません。自分に課題を与えて、その中であれこれ悩んで作品を作り上げていきます。今は横浜市公務員との二束の草鞋ですが、退職後も勤めている現在と同じように、あたかも勤務時間があるかのように朝から作業を続けるだろうと思います。自分の創作姿勢を省みると、退職して時間が出来ても、そんな姿勢をずっと変わらず持ち続けているような気がしてなりません。それが自分らしさなのかもしれません。

関連する投稿

  • 造形への渇望 週末が近づいてくると、たまらなく彫刻を作りたくなります。木の彫り跡や陶土の肌合いが大好きです。時間があれば、石膏で雛型を作りたいところですが、今はいきなり実寸で作っています。週末は本当に短く感じます […]
  • 12/28~1/6休庁期間について 昨日が官庁御用納めの日でした。明けて1月6日が官庁御用始めになるので、今日から9日間は休庁期間になります。この期間だけはゆっくり休めるので、公務員で良かったと思います。9日間のうちに大晦日があり元旦 […]
  • 週末 陶彫制作に没頭 今日は週末なので朝から工房にいました。ただし、この1週間は仕事から帰ると工房に出かけ、2時間程度制作をやっていました。日によっては1時間が限界という時もありました。その制作の流れのまま週末を迎え、今 […]
  • チェルノブイリ原発事故を思う 昨日アップしたNOTE(ブログ)にチェルノブイリ原発事故に触れた箇所がありました。昨年の福島原発の事故と相俟ってチェルノブイリのことが自分の頭を一気に駆け巡ってしまい、昨日のNOTE(ブログ)は長い […]
  • イメージをもつ 創作活動では頻繁にイメージというコトバを使います。エスキースは具現化する前に行う作品の完成予想図のことで、頭の中に広がるイメージを出来うる限り描きとめる方法です。何かをイメージすることはモノ作りには […]

Comments are closed.