具象復活のVOCA展

先日、東京上野に出かけ、東京国立博物館の「長谷川等伯展」と上野の森美術館の「VOCA展」を観てきました。「長谷川等伯展」の混雑ぶりに比べると、若い世代の画家による「VOCA展」はゆったりと観ることができました。若い世代と言うと、自分たちの頃は抽象や反芸術的なインスタレーションが盛んに行われていました。自分も学生時代はアングラ演劇に出かけ、美術館で行われた派手なパフォーマンスを楽しんでいました。自分が大学で学んでいる具象彫刻は古いなんて思ったりしました。でも最近の若い世代の傾向は具象が多く、絵画らしさ彫刻らしさの復権があるのではないかと思っています。ただし、具象と言っても説明的要素はなく、写真やコラージュを用いた表現が目立っていました。「VOCA展」は、今までにない新しい価値観や表現は発見できなかったものの、新鮮な感覚が漲っていて興味深く観ることができました。

関連する投稿

  • 秋めいた10月を振り返る 10月の最終日を迎えました。秋が深まって紅葉が見られるようになりました。あれほど暑かった夏も過ぎ、今では朝晩冷え込んできて季節の変わり目に暫し佇みながら、秋めいた10月を振り返っています。今月の陶彫 […]
  • 週末 5月になって… ゴールデンウィーク3日目で、今日から5月です。ゴールデンウィーク前半三連休の最終日です。前半三連休は新作の制作に明け暮れました。「若冲展」や今日の夕方出かけた「複製技術と美術家たち」展で、三連休の鑑 […]
  • 東京広尾の「川端龍子展」 既に閉幕した展覧会の話題を取上げるのは恐縮ですが、台湾旅行があって展覧会の感想を取上げる機会を逸してしまいました。申し訳ありません。台湾旅行の前に東京広尾にある山種美術館に「川端龍子展」を見に行って […]
  • 渋谷の「レオナール・フジタ 藤田嗣治展」 藤田嗣治(レオナール・フジタ)の画業は何回かNOTE(ブログ)で取り上げていますが、東京渋谷にあるBunkamuraザ・ミュージアムで開催されていた「レオナール・フジタ […]
  • 美術館を巡った日 今日は用事があって職場から年休をいただきました。用事はすぐ終わってしまい、残りの時間を横浜や東京の美術館巡りに充てました。ウィークディに展覧会を見に行く機会がなかなかなかったので、今日はラッキーな一 […]

Comments are closed.