プラスとマイナス

プラスというのは塑造(モデリング)のことで、可塑性のある素材を付け足して膨らませる造形方法のことです。マイナスというのは彫造(カーヴィング)のことで素材を彫ったり削ったりしてカタチを表す造形方法です。プラスの素材は主に粘土で、成形が比較的楽に出来るため幼児にも扱えるし、心理的な治療やリハビリテーションにも使えるのではないかと思います。土に触れていると、時間を忘れるくらい集中してしまうのは自分だけではないと思えるからです。一方、マイナスの素材は木や石です。彫造では道具の扱いが難しいのですが、自然の素材を彫る喜びがあって、彫刻的な醍醐味が味わえるのは、こうした行為ではないかと思います。素材の中に潜むカタチを、手探りして彫りだしていく過程に心地よさを感じるのは、これも自分だけではないと思えるのです。そう考えると現在自分が作っている「構築〜瓦礫〜」はプラスとマイナスの素材を組み合わせた複合彫刻と言えるのではないか、でも現代彫刻はプラスやマイナスなどと言っている狭義な世界から逸脱し、もっと多様な素材が登場している状況もあるのだから、相反する素材や要素があっても不思議ではないとも思っています。

関連する投稿

  • 「 《オヴィリ》1・2」について 「中空の彫刻」(廣田治子著 三元社)の「第二部 ゴーギャンの立体作品」の中の「第5章 タヒチ滞在(1891~1893年)とパリ帰還(1893~1895年)」の「3 […]
  • 「木彫浮彫」について 「中空の彫刻」(廣田治子著 三元社)の「第二部 ゴーギャンの立体作品」の中の「第4章 陶製彫刻と木彫浮彫(1889年と1890年)」の「6 […]
  • 「状況-木彫」について 「中空の彫刻」(廣田治子著 三元社)の「第二部 ゴーギャンの立体作品」の中の「第5章 タヒチ滞在(1891~1893年)とパリ帰還(1893~1895年)」の「1 […]
  • 週末 3点目の陶彫成形 日曜日は毎回美大受験生が2人工房へやってきます。彼女たちのうちの一人は予備校の夜間コースに通っていて、そこで出された課題を工房に持ち込んでくるのです。昼間は高校に通い、夜は予備校、そして週末は工房に […]
  • 21’個展図録の色稿と案内状印刷 来月の個展に関する図録の色稿が出来上がってきました。今度の個展で16回目になりますが、図録に関しては1回目から同じ大きさ、同じ頁数で作っています。案内状(DM)は1500部印刷されて手元に届きました […]

Comments are closed.