キュビズム創始者ブラック

ピカソとともにキュビズム創始者であるジョルジュ・ブラックについては、今まで特に大きな関心を持ったことはありませんでした。もちろんブラックの代表的な絵画はすぐに思い起こすことが出来るし、キュビズムが近代美術に与えた影響の大きさはよく理解しています。ピカソのような華やかな画業とは異なり、ブラックは地味な巨匠だと今でも認識しています。「瀧口修造全集2」にはピカソとブラックに関するキュビズム論が掲載されていて、そこでブラックの業績を改めて考え直した次第です。「キュビズムはあらゆるものを再発見した。従来のいわゆる物の観念もなくなった。空間は模倣されるかわりに想像されるものとなり、絵画はプリミチフ作家のように、同一面に形成される。それは人工的になったように見えるが、実際は深まったのである。〜略〜キュビズムの偉大な発見は触覚的な空間である。ブラックは、触覚的な空間とは射程を測定する砲兵の空間であって、手を懐中にして眺める人の空間ではない、製作工や職人のそれであるといっている。〜以下略〜」そうした空間思考からコラージュ等が生まれ、やがて現代に繋がる意識が目覚めていくように思います。

関連する投稿

  • 「見えないものを見る カンディンスキー論」読後感 「見えないものを見る カンディンスキー論」(ミシェル・アンリ著 青木研二訳 […]
  • 2017年HP&NOTE総括 2017年の大晦日を迎えました。毎年恒例になっている総括を行います。まず彫刻では7月に12回目の個展をギャラリーせいほうで開催させていただきました。大きな作品では「発掘~宙景~」と「発掘~座景~」を […]
  • 「モディリアーニ」第3章のまとめ 「モディリアーニ 夢を守りつづけたボヘミアン」(ジューン・ローズ著 宮下規久朗・橋本啓子訳 […]
  • アンフォルメルとヴォルスの関係 先日、DIC川村記念美術館で開催されていた「ヴォルス展」に行き、ヴォルスが生きた時代に興った美術の潮流に思いを馳せる機会を持ちました。それはアンフォルメルという一連の動きで、仏語で非定型な芸術という […]
  • ドイツ表現派に纏わる雑感 現在、通勤中に読んでいる「触れ合う造形」(佃堅輔著 西田書店)と、職場に持ち込んで休憩中に読んでいる「見えないものを見る カンディンスキー論」(ミシェル・アンリ著 青木研二訳 […]

Comments are closed.