周辺にあるキリスト教

自分は宗教を深く考えたことがありません。信仰する心は自分のどこかにあるのでしょうが、今は特定の宗教はありません。先祖の菩提寺は仏教浄土宗ですが、だからといって自分が仏教徒という意識も薄いのです。環境的にはキリスト教信者になってもおかしくありません。叔父の量義治はカント哲学が専門の学者ですが、内村鑑三の薫陶を受けた無教会主義を唱えるキリスト教徒です。叔父が出版したキリスト教に関する文献を読んでいますが、それは宗教と言うより哲学書のような印象をもっています。師匠の池田宗弘はキリスト教を題材に真鍮による彫刻を作っています。毎年夏にアトリエにお邪魔して、作品による刺激を受けますが、それはあくまでも彫刻としての刺激であって、キリスト教美術のそれとは違います。家内の知人にもキリスト教音楽をやっている人がいたり、自分は横浜のミッション系の高校を出身しているので、自分の周囲にはキリスト教の環境があります。滞欧生活でもロマネスクやゴシックの教会に入るのが好きでした。でも信者になろうという意志はありません。宗教とは自分にとって何でしょうか。心の拠り所をいつか求める時がくるのでしょうか。自分の周辺に何気なくあったキリスト教は、その時自分の求めに応じてくれるのでしょうか。未だわからず自然のままに過ごしていくことが今の自分には一番だと思っています。そう考えているうちは特定の宗教は要らないのかもしれません。

関連する投稿

  • 週末 創作へのモチベーション 昨日までは梱包用木箱作りと陶彫部品の梱包に励んでいましたが、今日は来年に向けた新作の陶彫制作を行うことにしました。今月の個展が迫っているので、その準備として梱包をやっていたのですが、そればかりやって […]
  • 21’図録の完成 5月30日に個展用の図録を作るための撮影を行い、今日新しい図録1000部が自宅に届きました。図録は16冊目になりますが、毎回同じサイズ、頁数で作っています。図録は前頁カラー版で正方形の冊子になります […]
  • 週末 木箱に収納開始 週末になりました。週末になると今週の創作活動のことを書いていて、個展に向けた進捗状況を述べさせていただいています。陶彫部品を梱包する木箱が15個完成し、今週からその木箱に陶彫部品を2・3点ずつ収納し […]
  • 「文化的総合」について 「中空の彫刻」(廣田治子著 三元社)の「第二部 ゴーギャンの立体作品」の中の「第6章 タヒチからマルケーサスへ(1895~1903年)」の「2 […]
  • 「《逸楽の家》」について 「中空の彫刻」(廣田治子著 三元社)の「第二部 ゴーギャンの立体作品」の中の「第6章 タヒチからマルケーサスへ(1895~1903年)」の「3 […]

Comments are closed.