「W・ド モーガン展」

ウイリアム・ド モーガンはイギリスのアーツ&クラフツ運動で活躍した装飾美術家です。アーツ&クラフツ運動と言えばウイリアム・モリスが有名ですが、ド モーガンは当然モリスとも親交があったようです。日本では馴染みが薄い人ですが、まとまった作品が来ているので、汐留ミュージアムに見に行きました。タイルはラスター彩と言われる西洋で昔から用いられる技法で仕上げられていましたが、多彩な色味があって、植物や動物の象徴的なカタチと相まって大変美しい印象を持ちました。晩年の具象傾向より、デザイン性に富んだ時代の作品の方が自分の好みに合いました。とくに花と葉の織りなす世界は、平面でありながら、豊かな空間を感じさせてくれました。ラスター彩でこの色彩を得るまでには大変な修練と努力が必要であったことはよくわかります。それが建築や室内装飾に美を与えていることは言うまでもありません。手仕事が生活を豊かにしていた時代はイギリスのみならず日本にもあったように思います。手間のかかる仕事ですが、コンピューター万能の現在だからこそ見直してみたいと思うこの頃です。

関連する投稿

  • 週末 土台作り&美術館散策 週末になりました。新型コロナウイルス感染症で緊急事態宣言が出ているにも関わらず、気持ちのモチベーションを保ちたくて、今日は地元にある横浜美術館へ出かけてしまいました。早朝は工房に行き、新作の土台作り […]
  • 町田の「西洋の木版画」展 先日、東京都町田市にある町田市立国際版画美術館で開催中の「西洋の木版画」展に行ってきました。私は学生時代に彫刻を専攻しながら、興味関心をもって試してきた技法が木版画でした。ドイツ表現派のざっくりとし […]
  • 桃山茶陶の開花について 東京国立博物館平成館で開催中の「桃山ー天下人の100年」展は、絵画に限らず、私にとって興味が尽きないものばかりが並び、日本の伝統文化の重厚感に圧倒されてしまう展示内容でした。安土桃山時代は日本陶磁史 […]
  • イサム・ノグチ 各国の旅から日本へ 「石を聴く」(ヘイデン・ヘレーラ著 北代美和子訳 […]
  • 横浜の「バンクシー展」 横浜駅に隣接するアソビルで開催されているバンクシーの全貌を示す展覧会は「バンクシー展 […]

Comments are closed.