ギリシャの島の思い出

「ギリシャのエーゲ海で、船が1週間に1度しかこない島があったっけ」と家内に言われて、そういえば滞欧生活から引き揚げて来る時に、トルコやギリシャを数ヶ月もかけて旅をしたことを思い出しました。たしか2年ほど前のブログに当時を思い出せる範囲で書いた記憶があります。当時日記をつけることをしなかったのを後悔していました。話題の島はシフノス島だったと思います。波止場に小さな宿屋があって、そこに1週間泊まっていました。今ならどうするだろう、1週間という時間が与えられたら何をするだろうという思いを巡らせるのは楽しいものです。今なら難解な書物と画材を持参すると思います。当時もスケッチブックを持っていたはずですが、数枚のスケッチが残っているだけです。今なら描きに描きまくってスケッチ集が出版できるくらいの仕事をやるかもしれません。ただし、当時のような素朴な気持ちでスケッチをするかどうか、きっと今ならどこかのギャラリーで発表するつもりで、多少鑑賞者の眼を意識したスケッチをするように思います。それがいいのかどうかわかりませんが、幸運にも与えられた1週間に何か目標を立てて、懸命になって創作活動に取り組んでしまうのではないかと思います。Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • イサム・ノグチ 石壁サークル 「石を聴く」(ヘイデン・ヘレーラ著 北代美和子訳 […]
  • 個展の初日を迎え… 今日から東京銀座のギャラリーせいほうにおいて、私の15回目の個展が始まっています。例年なら初日は必ずギャラリーに行って、私は鑑賞に来てくださる方々を迎えていました。ちょうど海の日が月曜日にあり、職場 […]
  • 「海の日」は個展会場へ… やっと休日になり、自分の個展会場に足を運ぶことができました。個展は既に始まっていますが、私には今日が初日と言う感覚がありました。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、個展にはほとんど人が来ないだろうと […]
  • 週末 図録持参でギャラリーへ 個展の搬入日が明日に迫り、今日はその最終準備とギャラリーせいほうとの事前打ち合わせに東京銀座まで出かけて来ました。今日は家内と車で行きました。例年なら私がリュックサックに図録を100冊ほど入れて担い […]
  • 週末 15回目の搬入作業 明日からの個展開催に備えて、今日は朝から横浜の工房と東京銀座のギャラリーせいほうを往復しました。業者との約束が朝10時だったのですが、早くも9時半ごろにはトラックが工房にやってきました。業者は毎年や […]

Comments are closed.