横浜の「大乱歩展」

横浜の「港の見える丘公園」にある県立近代文学館で、江戸川乱歩の展覧会を開催しているので見てきました。美術展と違い、原稿やら書籍の頁をめくったところをガラスケースに入れて展示する文筆家の展覧会は、自分にはちょっと躊躇するところがあって行かないこともありましたが、ミステリーや怪奇小説を扱った江戸川乱歩のことなので、面白そうだと思って出かけてみたのです。晩年の「少年探偵団」や「怪人二十面相」は、書籍ばかりではなくTVや映画にもなっていたので、世代的には少々若い自分にも馴染みがありました。そういえばこんな本がシリーズになっていたっけ、と思い出すことが多く、自分はきちんと江戸川乱歩を読んでいなかったことを恥ずかしく思いました。自分が中学生の頃は、友人の影響で推理小説をよく読んでいたのですが、海外のものばかりで江戸川乱歩は知名度ほど自分は内容を知っていなかったことに気づいたのです。改めて今回の展覧会で知ったのは、闇を抉り出すような世界をずっと求めてきた乱歩の作家人生です。シュルレアリスムのようなイラストを見て、晩年のヒット作ばかりではなく、作家として自立したばかりの作品も読んでみたい衝動に駆られました。

関連する投稿

  • 週末 2月を振り返って… 今日で2月が終わります。週末で朝から工房に籠りましたが、今日の制作状況と併せて今月を振り返ってみたいと思います。今日は陶彫成形を1点、彫り込み加飾も行いました。晴天で梅の花が青空に映える一日でしたが […]
  • 実り多き11月を振り返る 今日は11月の最終日です。NOTE(ブログ)のアーカイブを見ていると、11月はどの年も充実しているようで、創作活動には最適な1ヶ月であることが証明されています。今月も実り多き1ヶ月でした。まず、ウィ […]
  • 週末 1月を振り返って… 1月最終日になり、今月を振り返ってみたいと思います。今月創作活動がやれる期間として、まず正月の休庁期間が5日間ありました。その5日間を含めて週末のほとんどすべてを、新作の厚板材による土台作りに費やし […]
  • イサム・ノグチ 美術館建設&ビエンナーレ 「石を聴く」(ヘイデン・ヘレーラ著 北代美和子訳 […]
  • 週末 10月を振り返って… 週末になりました。今週はウィークディの夜に工房に通っていたおかげで、彫り込み加飾が進みました。いつものように今日の作業としては土練りを行い、大きなタタラを複数枚準備しました。それらを使って明日は成形 […]

Comments are closed.