記憶に留めたい11月1日

今日から11月です。農業用倉庫として建てた工房で、今日は記憶に留めたい一日となりました。自分の彫刻デビューは陶壁でした。陶彫による表現が自分にとっては創作の原点になっているのです。前から工房で準備を進めていましたが、今日やっと陶彫制作がスタートしたのです。昔使っていた作業場からすれば、恵まれた環境の中で陶彫を扱える幸せを噛みしめています。土台になる石膏型にタタラにした陶土を押し込め、どべ(陶土を水で溶いたもので接着のために使用)で別の陶土を加工しモデリングを行っていく作業です。石膏型もタタラもボランティアの子が準備してくれました。ちょっと前までは全て自分でやっていたことが、今では人的な環境も揃ってきたことになります。時間をおいて表面処理や加飾をやっていきますが、明後日が文化の日なので、そこで「構築〜瓦礫〜A」部品の成形が2つ出来る予定です。久しぶりに大掛かりな成形を行ったので結構疲れました。でも、やっぱり陶彫は面白いと感じ、これこそ自分の世界だと再認識した一日でした。 Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 週末 屏風接合陶彫の困難 今日は朝から夕方まで工房に篭りました。若いスタッフもやってきて基礎的なデッサンに勤しんでいました。工房内は寒くなってきてストーブを出しましたが、家庭用のストーブは周辺を温めるだけで、工房全体は暖かく […]
  • 週末 陶彫制作&地域会合 週末になりました。TV報道で気温が体温並みに上昇すると知って、工房に行こうかどうしようか躊躇していました。今日は職場のある地域で、昼ごろに公会堂を使って会合を持つため、工房での制作は午前中の早い時間 […]
  • 三連休 根の陶彫部品を作り始める 三連休の中日です。今日は文化の日で明日が振替休日になります。今日は朝から工房に篭りました。新作の陶彫作品は次の段階に入りました。新作は屏風と屏風前の床の部分に陶彫部品を連結して設置する集合彫刻になり […]
  • 今年最初の夜の制作 三連休でやり残した作業を、今晩仕事から帰宅した後、工房でやりました。1時間程度なら寒くても作業が出来ると判断して、暗い夜道を工房に向かいました。工房に着いて作業を始めると、工房に棲みついている魔物に […]
  • 夏の三連休の成果 山の日を含む三連休が今日で終わりました。3日間とも工房に通い、陶彫制作に精を出しました。新作の床置きの大きな陶彫部品2個を作りました。酷暑のせいで工房に長く留まることができず、午前2時間、午後2時間 […]

Comments are closed.