7月個展批評より

ビジョン企画出版の小冊子に7月個展の批評が載っていました。「従来の遺跡出土品みたいなのから、四角錘を縦に繋げた木の柱状の構築物に発展している。変化が始まったということ。」短文でしたが、陶彫で作っていた「発掘シリーズ」から変化していることを取り上げてくれています。さらなる変化に来年、再来年は挑むつもりですが、自分には揺り戻しがあって、振り子のように「発掘」と「構築」を行きつ戻りつするのではないかという予感があります。スパイラルのように自分が求めたい世界が深まっていくことが、自分にとって一番いい方法と考えているからです。どんどん無造作に展開して異質な世界に入っていくことは自分の性格上ありえないのではないかと思います。自分には壊そうとしても壊しきれないものがあるのではないか、それでも余計なモノはどんどん省かれて、より深い造形世界を手に入れられると信じてやみません。決して器用ではない自分がしっかり構えて作る世界は、外に向かって多様に広がるものではなく、自分の内面に向って掘り下げていくものだと思っています。                    Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 連休④ 平成時代の幕引き 連休4日目ですが、今日が4月最終日となり、また天皇の退位により平成時代の幕引きとなる一日でした。私は昭和の時代に生まれて学生時代を過ごしました。大学で彫刻という表現に出合い、創作の世界を求めて海外で […]
  • 週末 6月を振り返って… 6月最後の週末になりました。今日は朝から工房に篭って、個展搬入準備として作品の梱包作業に追われました。梱包用木箱を作る板材が不足し、午後は板材を追加購入してきました。梱包はあと僅かで終了です。今日は […]
  • 10連休を迎えるにあたって… 私たちの職種は暦通りに休日がとれます。休日は勤務を要しない日ですが、全職員のうちの大半が、さまざまな用事で休日出勤をしているのではないかと予想されます。私はもうひとつの仕事があるので、暦通りに休ませ […]
  • 週末 7月を振り返る 今日が7月の最終日になり、11回目の個展が今月無事終えられたことが感無量で、あとはどうでもいいような気がしていますが、今月は勢い余って新作を進めたり、鑑賞も充実していました。振り返って見れば結構頑張 […]
  • 2016年HP&NOTE総括 2016年の大晦日になりました。毎年この日は1年間の総括をしています。今年は7月にあった11回目の個展に「発掘~環景~」と「発掘~表層~」を出品しました。「発掘~環景~」の陶彫部品の数が多く、個展搬 […]

Comments are closed.