職場の結束力を感じた日

横浜市の公務員である自分にとって、仕事とは何かを考えさせられる一日でした。もちろん民間企業のような業績が営利に結びつくことはありません。ただ一日の与えられた仕事をこなしていくだけと思われがちな公務員ですが、それぞれの部署でチームとして結束してコトにあたり、臨機応変する場面は、ほとんど毎日と言っていいほどあります。職場にはいろいろな能力や考え方をもつ人が集まっています。適材適所に人を配置するのは管理職の役割ですが、それが有効に働いている時に、このチームにいられて良かったと思える瞬間がやってきます。60人近い専門家集団が働いている現在の職場は、それぞれが力を発揮できた時には素晴らしい成果が得られています。時に空回りがあったり、意見や感覚のくい違いが生じることがありますが、今日は大きなイベントを恙無くやってしまう結束力を感じ取れた一日でした。Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 彫刻における台座の意味 「地面が庭園の一部であるのと同じように、床を彫刻の一部である場所、あるいは平面と考えた。~略~ノグチは、日本では地面に据えられた岩は『下にある原始の塊体から突き出す突起を表現している』と言った。庭園 […]
  • イサム・ノグチ 自伝と遊び場 「石を聴く」(ヘイデン・ヘレーラ著 北代美和子訳 […]
  • 「命題論的分析論としての形式論理学」第18~22節について 「形式論理学と超越論的論理学」(エトムント・フッサール著 立松弘孝訳 […]
  • 週末 7点目の陶彫成形 今日も蒸し暑い一日でしたが、九州に近づく台風10号の影響か、突如大雨が降ったり、また日差しが戻ったりして安定しない一日でした。家内の親戚がいる奄美大島では大変なことになっているようで、被害を最小限に […]
  • 15回目の個展をExhibitionにアップ 今夏、開催した15回目の個展をホームページのExhibitionにアップしました。Exhibitionでは、ギャラリーせいほうの展示空間をそのまま見ることができて、図録の撮影の時とは違った雰囲気があ […]

Comments are closed.