「海のエジプト展」にて

連休の3日目は美術館に行きたいと思っていました。彼岸で墓参りを済ませ、みなとみらい地区に行きました。連休なので混雑は仕方ないと決めて、予てより見たいと思っていた「海のエジプト展」に足を運びました。案の定、大変な混雑ぶりでチケット売り場まで長蛇の列でした。入場しても人の群れで小品を見るのが難儀でした。海から引き揚げられた遺物は、それだけでドラマ性があり、海水に浸かって摩滅した石彫は、風化とは異なる雰囲気を漂わせていました。巨像3体が照明に輝き、その迫力に圧倒されました。花崗閃緑岩による王妃の像の襞のある衣が美しく、その肌理の細かい仕上げに見とれました。クレオパトラに関するものも興味が尽きません。美術とは違う考古学的な興味関心が湧いてきます。エジプトの海岸に眠る謎。古代の都市の解明は歴史のスケールの大きなロマンを感じさせるからこそ、これほど多くの人を惹きつけるのでしょう。                 Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • イサム・ノグチ 美術館建設&ビエンナーレ 「石を聴く」(ヘイデン・ヘレーラ著 北代美和子訳 […]
  • 創作意欲が増す10月に… 今日から10月が始まりました。10月は気候が良くなり、心身ともに心地よくなるため、芸術活動や芸術鑑賞が華やかに展開する季節です。私も創作意欲が増すのではないかと自分自身に期待をかけています。陶彫によ […]
  • イサム・ノグチ 草月会館の「天国」 「石を聴く」(ヘイデン・ヘレーラ著 北代美和子訳 […]
  • RECORD、NOTE、そして睡魔 仕事から帰って夕食を済ませると、私は食卓でRECRDの制作に励みます。RECORDは一日1点ずつ作り上げていく平面作品で、大きさは葉書大です。文字通りRECORD(記録)で、その日その日の作品が出来 […]
  • 秋風吹いた9月の振り返り 9月の最終日になりました。いつまで酷暑が続くのかと思われていた季節も、朝晩は涼しく秋風が立つ陽気になりました。工房での滞在時間も長くなり、創作活動が充実する時期で、まさに芸術の秋が到来したと言えます […]

Comments are closed.