「眠い」と「頑張らない」

去年の今頃は何をしていたのか、2008年のブログを開けてみると、眠さに誘われてどうしようもないようなことが書いてありました。さらに2007年のブログはどうか、ここにも頑張らないでやっていこうというようなことが書いてありました。最近は眠くて仕方がないので、過去のちょうど今頃はどんな思いでいたのか、ひょっとして果敢に創作に立ち向かっていたのではないか、そうなれば今の自分を叱咤して頑張らねば…と思っていたのですが、2年前も昨年も似たり寄ったりで拍子抜けしてしまいました。空気が澄んでくる秋はやはり眠くて、今ひとつ盛り上がれず、何だかホッとしたような気分です。ただし、ここ数年と今年が異なることは、未だにまだ思い切った作品が作れずにいることです。これは由々しき事態です。そうは言っても眠い時は眠いので、蕩けていく意識と葛藤しながら毎日を過ごしています。Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 美術館を巡った日 今日は用事があって職場から年休をいただきました。用事はすぐ終わってしまい、残りの時間を横浜や東京の美術館巡りに充てました。ウィークディに展覧会を見に行く機会がなかなかなかったので、今日はラッキーな一 […]
  • 15回目の個展をExhibitionにアップ 今夏、開催した15回目の個展をホームページのExhibitionにアップしました。Exhibitionでは、ギャラリーせいほうの展示空間をそのまま見ることができて、図録の撮影の時とは違った雰囲気があ […]
  • 週末 積み重ねる作業の合間で… 週末になりました。今日は雨模様で気温も上がらず、凌ぎ易い一日になりました。朝8時に工房に出かけ、明日の成形のためにタタラを用意したり、前の陶彫成形でまだやり残している彫り込み加飾を行ないました。週末 […]
  • 東京駅の「きたれ、バウハウス」展 先日、東京駅にあるステーション・ギャラリーで開催中の「きたれ、バウハウス」展に行ってきました。バウハウスとはドイツ語で「建築の館」という意味です。1919年に建築家ヴァルター・グロピウスによって設立 […]
  • イサム・ノグチ 巨大なプロジェクト 「石を聴く」(ヘイデン・ヘレーラ著 北代美和子訳 […]

Comments are closed.