争訟研修に参加して

横浜市公務員が申し込んで受けることの出来る研修の中に、管理職のための研修があります。管理職として必要な知識等を学ぶ機会は数多くありますが、今日は争訟に関する研修に参加してきました。弁護士から様々な判例が出されて、それらを概観しながら、裁判で留意すべきポイントは何かについて、具体的な事例を通して説明がなされました。損害賠償請求やらそこに至る損害の内容を詳しく聞きました。法律に疎い職種でありながら、立場上そんなことを言っていられない状況もあることを認識して、明日からの仕事に励もうと思います。横浜市は課題解決事業を開始して、専門家による支援チームがあります。活用する場面が無いのが一番ですが、万が一の時はこうした支援があることを覚えておこうと思います。             Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 創作一本になった4月を振り返る 今日は4月の最終日なので、今月の制作を振り返ってみたいと思います。今月の大きな出来事は、長年続いた教職公務員との二足の草鞋生活にピリオドを打って、創作活動一本になったことです。これは自分の生涯の転機 […]
  • 「第一章 如来-真理を悟った無上の仏さま」について 現在読んでいる「仏像図解新書」(石井亜矢子著 […]
  • 昭和の日 連休の始まり 今日からゴールデンウィークが始まりますが、隣接する東京都に新型コロナウイルス感染が広がり、緊急事態宣言が出されているため、連休中も外出は避けるように各自治体では言っています。私のいる神奈川県でも感染 […]
  • 週末 連続した制作の日々② 日曜日になりました。今日は朝から2人の美大受験生が工房に来ていました。東京にコロナ渦の緊急事態宣言が出されたことで、ゴールデンウィーク中に行こうと思っていた東京の美術館が臨時閉館されたことを、彼女た […]
  • 横浜山下町の「灯りの魔法」展 横浜山下町にある人形の家で「灯りの魔法 […]

Comments are closed.