石ころ・流木・骨・貝殻…

自宅の小さなアトリエに、アフリカをはじめとする各地のお面や陶器があります。20代の頃から集めてきたものです。買ったものもあれば拾ってきたものもあります。やっと持ち上げられるくらいの大きな流木に、自分が白くペイントしてオブジェ化したものはリビングに置いてあります。拾ったものは実はたくさんあります。イギリス人彫刻家H・ムアの工房に石ころや骨が置いてあるのを写真で見て、自分も倉庫に持っていこうかと考えているのです。プラハの石畳の一部やギリシャで見つけた白骨化した狼の頭、ルーマニアで見つけた羊の角、沖縄や奄美大島で拾った珊瑚の残骸、その他いろいろな海岸で見つけた小さな石ころ。よく見ると穴が開いていたり、象形文字のような模様が入っていたりします。流木は波に洗われた流線型が奇麗です。ついついカタチの面白さに魅かれて拾ってしまったものばかりで、自分にとっては宝物です。どこかでカタチに出会う瞬間があり、それを見つけた時の喜びは天にも昇る心持です。アートの眼で世界を見れば、足元にさえ感動が転がっていると思うことがしばしばあります。             Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 週末 新しい作品へ向けて 個展終了から早くも1週間が経ちました。間を開けずに新作を作り始めるのが私の流儀です。ちょっと休みたい気分になりますが、休息を入れるのは新作を作り始めてからと決めているのです。実際、新作の陶彫部品のひ […]
  • 週末 陶彫制作の継続 先週から陶彫による新作を作り始めています。今日は凌ぎ易い気温で、朝から工房に篭ることが出来ました。このところ急に涼しくなって、工房に来ていた若いスタッフたちも疲れが出ているように見えました。タタラと […]
  • 体調不良の時の成形作品 今朝、出勤前に工房に立ち寄りました。先日、陶彫の成形をしてビニールをかけた作品がどうなっているのか心配で、体調が多少回復したら見に行こうと思っていたのでした。水を打ってビニールをかけておいたので乾燥 […]
  • 代休 床置き作品の全体構成 今日は関西出張の代休2日目になります。朝から工房に行って、昨日完成した「発掘~群塔~」屏風部分を確認しました。まだ焼成が終わっていない陶彫部品が3つありますが、木彫は接着まで終わりました。僅かな隙間 […]
  • 「群塔」床置き再考 今晩も工房に来ました。目の前に置かれた陶彫部品の数々と木彫が貼り付けられた屏風7点、彫り始めた床置きの木彫の厚板。もう一度新作「発掘~群塔~」の全体像を整理して、完成のイメージの把握を試みました。カ […]

Comments are closed.