「瓦礫」陶彫の破片

新作では、殻を打ち破った樹木が上昇していく漠然としたイメージがあります。自分が調合している陶土が焼成で黒くなる影響もあるのでしょうが、作品全体のイメージは黒っぽい色彩で覆われています。陶彫は瓦礫の山となっていて、かつて作っていた都市空間が、カタチを成さなくなるまで破壊された情景が浮かんできているのです。そうしたイメージはどこから来るのでしょうか。この「瓦礫」を作るためには、どういう具合に陶彫の破片を配置してみようか、それとも無作為にやってみようか、頭の中でぐるぐるアイデアが浮かびますが、新作でわかっていることは、今までの作品にない提示方法を試みようとしていることです。樹木は「構築〜起源〜」で試したように炙って炭化させる計画です。数本になるか、さらに多くなるかわからないのですが、この樹木をどのように立てようか、陶彫の破片の中に柱を立てる陶彫のパーツを用意しようか、今後の課題として考えながら制作を進めていきます。

関連する投稿

  • 週末 陶彫の彫り込み 今日は青空に入道雲が浮かんだ真夏らしい一日です。朝から工房に篭り、大型扇風機を回しながら制作に汗を流しました。今日は新作の陶彫成形を1点行いましたが、前に成形が終わっている数点の作品の加飾もやりまし […]
  • 週末 イメージの昇華 新作のための陶彫部品を作り始めました。昨日と違ってほんの少しばかり気温が低いのが救いでした。美大生ら3名の子たちもそれぞれの制作に勤しみ、相変わらず工房に真剣な空気が流れていました。自分の作っている […]
  • 週末 加飾に明け暮れる 昨日成形したドーム型陶彫部品に今日は朝から加飾を行いました。彫り込みを入れたり、穴を空けたりする作業をやっていると、これが作品化する上で一番面白みがある作業ではないかと思えます。生乾きの陶土の上に針 […]
  • 成形に明け暮れた代休日 土曜出勤の代休として今日休みを取りました。今日は朝から工房に籠もって制作でした。陶彫による大きい四角錘、つまりピラミッドのカタチを昨日から作っているのです。だいたい初めの1点目で難行するものですが、 […]
  • 週末 陶彫制作に没頭 今日は週末なので朝から工房にいました。ただし、この1週間は仕事から帰ると工房に出かけ、2時間程度制作をやっていました。日によっては1時間が限界という時もありました。その制作の流れのまま週末を迎え、今 […]

Comments are closed.