「フランス絵画の19世紀」展

今日まで表題の展覧会が地元の横浜美術館で開催されていました。退屈しそうだと思いつつ出かけてみたら、逆に新鮮な気分に浸れて良かったと思いました。アカデミズム。これはフランス印象派の少し前まで、サロン(フランスの展覧会場)で発表することを主体とした絵画を指して言います。自分が美術の世界に進もうと考えていた頃に習ったデッサンがまさにアカデミズムだと思っています。受験デッサンは、陰影を捉えて形を写実的に描くことを目的としていて、自分もその頃は人より巧みになりたいと日夜励んでいました。現代から見れば、活力の無い旧態依然とした世界ですが、逆に現代美術の混沌とした広がりを考えると、そんな生真面目で丁寧で浮いた表現が、或いは新鮮に見えても不思議ではありません。歴史画や神話を題材にした大げさな絵画は、やはり戴けないところもありますが、通念的な絵画たる絵画を見たような気がしました。手間のかかった筆致や色合いや細部の表現が、ある意味では芸術家が幸福だった時代を表しているようにも思えてきます。デッサンを習いかけの頃だったら、巧いなぁと溜息をついただろうにと思いながら会場を後にしました。                      Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 桃山茶陶の開花について 東京国立博物館平成館で開催中の「桃山ー天下人の100年」展は、絵画に限らず、私にとって興味が尽きないものばかりが並び、日本の伝統文化の重厚感に圧倒されてしまう展示内容でした。安土桃山時代は日本陶磁史 […]
  • 横浜の「バンクシー展」 横浜駅に隣接するアソビルで開催されているバンクシーの全貌を示す展覧会は「バンクシー展 […]
  • 町田の「西洋の木版画」展 先日、東京都町田市にある町田市立国際版画美術館で開催中の「西洋の木版画」展に行ってきました。私は学生時代に彫刻を専攻しながら、興味関心をもって試してきた技法が木版画でした。ドイツ表現派のざっくりとし […]
  • 新鮮さを呼び覚ます遊び心 昨晩、週末の制作疲れでぐったりしてテレビを見ていたら、ベテラン染色家の制作風景と作品が映し出されて、ハッと新鮮さを感じました。NHK日曜美術館で取上げられていたのは現在97歳の柚木沙弥郎氏。前に一度 […]
  • イサム・ノグチ 各国の旅から日本へ 「石を聴く」(ヘイデン・ヘレーラ著 北代美和子訳 […]

Comments are closed.