疲労感と充実感と…

この夏は例年の夏より疲れていると感じることがあります。職場にいる時の立場のせいか、たまに休みを取れば新潟県や群馬県や長野県を渡り歩いているせいか、倉庫を建設して作業場として整備を急いでいるせいか、原因はよくわかりません。例年も夏の暑さと戦い、土練りや木に鑿を振るう毎日を過ごしているのですが、今年は定番化した夏の習慣とは少し違うので、やはり疲れているのかもしれません。早く倉庫での作業に明け暮れたいと思っていても、気ばかり焦って物事進まずといったところです。先日の作品引越しの疲れがまだ残っているらしく、今ひとつヤル気が出ないのです。明日もう一日休みをもらって…と思っているのですが、ブラブラ出来ない性分なので、静岡県に行ってしまうことになりそうです。それでも作業が習慣化した生活を夢見て、今月が終わるまでには何とかしたいと考えています。     Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 武蔵美の「脇谷徹ー素描ということ」展 先日、東京都小平市にある武蔵野美術大学美術館で開催している「脇谷徹ー素描ということ」展に行ってきました。彫刻家脇谷徹氏は私が彫刻を学び始めた頃、共通彫塑研究室で助手をやっていた人でした。出品作品は彫 […]
  • イサム・ノグチ 最晩年の代表作品 「石を聴く」(ヘイデン・ヘレーラ著 北代美和子訳 […]
  • 週末 RECORD撮影日 毎年この時期に1年間分のRECORDを撮影しています。ホームページにアップするためですが、一日1点ずつ制作していく小さな平面作品であるRECORDは、その条件が厳しくて、その日に完成しないことも多く […]
  • RECORD、NOTE、そして睡魔 仕事から帰って夕食を済ませると、私は食卓でRECRDの制作に励みます。RECORDは一日1点ずつ作り上げていく平面作品で、大きさは葉書大です。文字通りRECORD(記録)で、その日その日の作品が出来 […]
  • 週末 12点目の陶彫成形 今日は昨日に続き、陶彫制作に没頭した一日でした。座布団大のタタラはやや柔らかめで、立ち上げる時に裏から陶土を紐状にして貼り付けています。これは補強のためにやっていることで、タタラと紐作りの双方で高さ […]

Comments are closed.