体力消耗の一日

今日はレンタルトラックで、朝から夕方まで実家と新築した倉庫を何往復かしました。実家の車庫に置いてある「発掘〜円墳〜」「発掘〜地下遺構〜」「発掘〜遺構〜」の3作品を倉庫に移すためです。この3作品はいづれもテーブル彫刻で集合体で作られています。そのため数々のパーツが箱に入っています。「発掘〜遺構〜」は木箱に入っていたので問題はなかったのですが、残り2点の作品はダンボール箱だったため、形がやや崩れ、また屋根つきの車庫といえども雨の影響もあって、何箱かは作りかえる必要を感じました。とにかくトラックに箱を積んで実家と倉庫の往復を繰り返すことはとても大変でした。今日に限って手伝う人がいなくて、おまけに炎暑に見舞われ、体力を消耗しました。汗が滴るシャツを何枚も替え、ミネラルウォーターをがぶがぶ飲みながら、立体作品は元気じゃないと出来ないなぁとつくづく思いました。もう一回トラックを借りて、別の倉庫から新築した倉庫へ作品を持ってこなければなりません。それはまた次回。もう少し涼しくなってからやりたいと思います。                      Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • イサム・ノグチ 最晩年の代表作品 「石を聴く」(ヘイデン・ヘレーラ著 北代美和子訳 […]
  • RECORD、NOTE、そして睡魔 仕事から帰って夕食を済ませると、私は食卓でRECRDの制作に励みます。RECORDは一日1点ずつ作り上げていく平面作品で、大きさは葉書大です。文字通りRECORD(記録)で、その日その日の作品が出来 […]
  • 週末 12点目の陶彫成形 今日は昨日に続き、陶彫制作に没頭した一日でした。座布団大のタタラはやや柔らかめで、立ち上げる時に裏から陶土を紐状にして貼り付けています。これは補強のためにやっていることで、タタラと紐作りの双方で高さ […]
  • 横浜の「バンクシー展」 横浜駅に隣接するアソビルで開催されているバンクシーの全貌を示す展覧会は「バンクシー展 […]
  • 「サーカス・シリーズ」について 先日、師匠である彫刻家池田宗弘先生の真鍮直付けの作品を久しぶりに見せていただきました。東京の東村山市立中央公民館で開催していた「池田宗弘展」は、初期の頃から最近までの作品を網羅してあって、私には先生 […]

Comments are closed.