「魔術的芸術」伝説的メッセージ…

A・ブルトンの「魔術的芸術」を読み進んで、ついに近代の時代に入ってきました。「伝説的メッセージの継承」という章はルネサンスから始まりますが、ここでは有名なダ・ヴィンチではなく、コージモを取り上げています。「汚物にまみれた壁に、彼はこの世のもっとも美しいもの、馬や戦い、すばらしい都市や壮大な風景を読み取っていた。」とコージモ絵画を語っています。次にカロンという政治的アレゴリーや壮麗な祭儀を描いた画家に不安な想像力を見出しています。そこからアングルにいたるまで通念としての美術史にはほとんど登場しない画家が続いています。「魔術的芸術」という視点で美術史を見直す時、最近になって発見された画家も含めて、近代的思考による合理化(ルネサンス等)と相容れない要素があって、人間が創造的行為のために何を受け入れてきたかを浮き彫りにする結果になっています。  Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 10月RECORDは「茶」 今年のRECORDは年間テーマとして色彩を取り上げ、毎月一色を選んでデザインを考案してきました。色彩は漢字一文字として和洋どちらの色彩でも可としました。10ヶ月間を振り返ってみると、私は西洋の色彩よ […]
  • 美術館を巡った日 今日は用事があって職場から年休をいただきました。用事はすぐ終わってしまい、残りの時間を横浜や東京の美術館巡りに充てました。ウィークディに展覧会を見に行く機会がなかなかなかったので、今日はラッキーな一 […]
  • 虎ノ門の「近代日本画の華」展 東京港区虎ノ門にある大倉集古館へこの歳になって初めて足を踏み入れました。若い頃から美術館巡りをしているにも関わらず、大倉集古館には行かなかったのが不思議なくらいです。調べてみると大倉集古館は日本で最 […]
  • 週末 陶彫成形準備&茅ヶ崎散策 やっと週末になりました。8月最後の週末は相変わらず気温が高く、工房にずっと篭るのは辛いかなぁと思いました。そこで朝7時に工房に行き、明日の陶彫成形のためにタタラを数枚用意し、2時間程度で工房を後にし […]
  • 茅ヶ崎の「國領經郎展」 既に閉幕している展覧会の感想を取り上げるのは恐縮ですが、横浜生まれの國領經郎の画業を自分なりに振り返ってみたいので、詳しい感想を掲載させていただきました。広漠とした砂丘に人物の群像が描かれた絵画が、 […]

Comments are closed.