記念すべき築窯の日

先月は自分にとって記念すべき倉庫建設がありました。今日はその倉庫に窯がやってきて設置をいたしました。窯は前開き、容量12kWの電気窯で、炉内は600×600×750(mm)です。ちょっと驚いたのが制御盤で、前に使っていたものより小さくて軽量になり、扱いも簡単になっていました。還元が出来る装置もありました。新しいものはいいなぁと思いました。陶芸の焼成の面白さでいけば究極のところ登り窯に尽きると思います。薪の火の通りを見ながら温度を上げていく醍醐味と、窯出しでわかる釉薬の流れや緋色の面白さは意外性があってハマッてしまいます。ただし自分にとって陶は彫刻の素材の一部なのです。釉掛けをせず、焼き締めだけでカタチを極めます。それなら手間のかからない電気窯で充分だと思うようになりました。横浜の真ん中で薪を焚くには少々無理なところもあるという理由もあります。ともかく倉庫建設に続いて、今日が自分にとっては記念すべき築窯の日になりました。Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 12月RECORDは「円環の風景」 「~の風景」と題名をつけるのは今月が最後ですが、はたして風景という付加した題名にどのくらいの意味があったのか、自分で考えておきながら疑問が残ります。今までも風景を想定したRECORDを作ってきたので […]
  • 7月RECORDは「螺旋の風景」 通勤中に読んでいる「ヨーロッパの形 螺旋の文化史」(篠田知和基著 […]
  • 週末 新しい作品へ向けて 個展終了から早くも1週間が経ちました。間を開けずに新作を作り始めるのが私の流儀です。ちょっと休みたい気分になりますが、休息を入れるのは新作を作り始めてからと決めているのです。実際、新作の陶彫部品のひ […]
  • 「写生雑録帖」と「写生図巻」 根津美術館で開催されている「円山応挙展」に、応挙のエスキースと言うべき写生の原本が出品されています。応挙の完成度の高い写実的な絵画は、写生の原本に見られるような研鑽と修練によって到達した境地と言えま […]
  • 鉛筆に親しみを込めて… 数ある筆記用具の中で、自分は鉛筆に特別な思いを抱きます。職場の私の部屋には鉛筆削りがありませんでした。今日は自宅から鉛筆削りを持参してきました。鉛筆削りはアナログなものが好きで、電動は好みに合いませ […]

Comments are closed.