倉庫の立会い検査

農業用として建設している倉庫の立会い検査がありました。床はコンクリート打ちっぱなし、内装はすべて鉄骨や照明配線がむき出し、ただし陶芸窯を設置するところだけは別の配線になっています。ガレージもあります。空調設備がないので、蒸し風呂のような暑さの中で、細かい補修が必要なところをチェックしました。農業用倉庫として建築されたものなので、やはり住居空間とは大きく違うなぁと感じました。いろいろなモノを収納するにしても広さは大変気に入りました。引渡しは24日(金)となりました。それまでに補修を終えて、いよいよ自分のものになります。これからここをどう使っていくのか楽しみながら考えたいと思います。              Yutaka Aihara.com

関連する投稿

  • 「Ⅴ 師とのコラボレーターについて」のまとめ 「イサム・ノグチ エッセイ」(イサム・ノグチ著 北代美和子訳 みすず書房)の「Ⅴ […]
  • 汐留の「分離派建築会100年」展 先日、東京汐留にあるパナソニック汐留美術館で開催中の「分離派建築会100年」展に行ってきました。「分離派」という題名が気になって、本展ではどんな建築のどんなデザインが見られるのか楽しみでした。分離派 […]
  • 19’RECORD4月~6月をHPアップ 久しぶりにホームページにRECORD3ヶ月分をアップいたしました。撮影は昨年終わっていて、カメラマンの準備は万端だったのですが、私のコトバが遅くなってしまい、漸くアップできた次第です。2019年は「 […]
  • 週末 成形&故人陶彫家を偲ぶ 今日は朝から工房に篭り、昨日準備しておいたタタラを使って、19点目になる陶彫成形を行っていました。久しぶりに美大受験生が2人工房にやってきました。2人のうち1人は修学旅行に行ったようで長崎のカステラ […]
  • 「マグマを宿した彫刻家」雑感 昨晩、NHK番組「日曜美術館」で取上げられた故辻晋堂の陶彫について書いてみようと思います。表題にある「マグマを宿した彫刻家」とは、大学時代に辻晋堂に師事した彫刻家外尾悦郎氏が言っていた台詞でした。眼 […]

Comments are closed.